インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

鹿野 護

映像作家
アートディレクター

柴 幸男

劇作家
演出家

カンバセーションズには今回で2度目の登場となるアートディレクター、映像作家の鹿野護さん。前回の小説家・小川洋子さんに続き、今回鹿野さんがインタビュー相手として選んだのは、劇団「ままごと」の主宰として活動する劇作家、演出家の柴幸男さん。ループやサンプリングなど音楽的手法を演劇の世界に持ち込んだ独自の表現で注目を集め、2010年には『わが星』で第54回岸田國士戯曲賞を受賞するなど、目覚しい活動を続ける柴さんに、鹿野さんがいま聞きたいこととは果たして?
※このインタビューは、雑誌「QUOTATION」との共同コンテンツです。13年12月24日発売の『QUOTATION』VOL.17の誌面でもダイジェスト版をご覧になれます。

2. どうやって時間を作るのですか?

柴 幸男 

存在や会話が時間を生み出して、何もない舞台に風を吹かせるような感覚です。時間そのものを彫刻のように削り取るような感覚になる時もあります。

Q.作品について考える際には「時間」というものが常に意識にあるのですか?

柴:時間のことしか考えていないと言ってもいいくらいです(笑)。特に最近は演劇を見る時に「いま何が時間を生み出しているのか?」ということを考えるようになりました。先日、瀬戸内国際芸術祭のプログラムで小豆島で滞在制作をしていたんですが、僕らは幼稚園を拠点にしたんですね。そこには大量の紙芝居が残っていたこともあって、紙芝居屋さんをやることにしました。紙芝居というのは数分で終わる演劇とも言えるし、どこでも劇場にすることができて、額縁もあるからみんな安心して観てくれるんですね。実際にやってみると、紙芝居にも時間があるんだということに気づいたんです。一枚の絵が持つ時間というものがあって、どれだけ話が面白く展開しても絵が変わらないと息苦しくなる。いま時間が成立しているかどうかということを凄く考えて物事を見ているところがあるんです。

ままごと「港の劇場」瀬戸内国際芸術祭2013 小豆島 醤の郷+坂手港プロジェクト Photo: 濱田英明 ままごと「港の劇場」瀬戸内国際芸術祭2013 小豆島 醤の郷+坂手港プロジェクト Photo: 濱田英明 ままごと「港の劇場」瀬戸内国際芸術祭2013 小豆島 醤の郷+坂手港プロジェクト Photo: 濱田英明

Q.演劇で時間を作っていくというのはどういう作業なのですか?

柴:存在や会話が時間を生み出して、何もない舞台に風を吹かせるような感覚です。つくる時は時間そのものを彫刻のように削り取るような感覚になる時もあります。80分なら80分という何もない時間をどうすれば面白くなるか、80分以上の時間に展開できるか、ということを考えながら、つまらない部分や劇に対して効果的ではない時間、無関係な人間、会話というものをどんどんカットして、これが何にまつわる話なのかを整理していきます。よく彫刻家が石を目の前にすると、中に何かが見えるみたいな話がありますが、それに近い感覚かもしれません。世の中に全くない発想を生み出すというよりは、最適な答えを導くために、あり得ないルートを削りながら日常に隠れている何かを掘り出していくというのが自分の創作かなと思っています。

Q.先ほど、これまでの時間軸を操る手法は劇の根本的な部分を弱めてしまうという話がありましたが、これからは劇の作り方を変えたいということなんですか?

柴:昔僕が目指していたのは、三谷幸喜さんがよくやっていらしたシチュエーション・コメディという劇の形式だったんですね。人の出入りや情報の出し入れによって劇が発展したり、伏線がどんどん回収されていくような構造の面白さが凄く好きだったんです。でも、自分でそれをやろうとした時に上手くいかなくて、時間軸を操るような手法に取り組むようになったのですが、どちらにしろ自分が好きだったのは、見ている人の知覚のスイッチが入ったり、「そういうことか!」と気づかせるような劇だったんです。数学の問題を解いた時や、何かをひらめいた時の気持良さにも近いと思うのですが、それをドラマに組み込めたら面白いなと。その「気づかせる面白さ」に僕が没頭していた時に、あえて考えないようにしていたのが「感情の面白さ」なんです。時間軸を操っている作品の中では物語も記号的であればあるほど良いと思っていたのですが、いまは演劇の大きな特性である感情を揺さぶるというところで何かできないかという思いが強いんです。<続く>

もっと知りたい人は…

  • 鹿野 護 

    鹿野 護

    映像作家
    アートディレクター

    WOWアートディレクター。プログラミングを用いた映像表現に取り組み、コマーシャル映像からソフトウェア開発まで様々な分野のビジュアルデザインを手がける。これまでV&A博物館(英)やメゾン・エ・オブジェ(仏)への出展など、インスタレーション作品を制作。近年では地域に主軸をおいたプロジェクトにも積極的に参加している。ウェブサイト「未来派図画工作」主宰。著書「Quartz Composer Book」。

  • 柴 幸男 

    柴 幸男

    劇作家
    演出家

    1982年生まれ愛知県出身。「青年団」演出部所属。「急な坂スタジオ」レジデント・アーティスト。日本大学芸術学部在学中に『ドドミノ』で第2回仙台劇のまち戯曲賞を受賞。2010年『わが星』にて第54回岸田國士戯曲賞を受賞。何気ない日常の機微を丁寧にすくいとる戯曲と、ループやサンプリングなど演劇外の発想を持ち込んだ演出が特徴。全編歩き続ける芝居(『あゆみ』)、ラップによるミュージカル(『わが星』)、一人芝居をループさせて大家族を演じる(『反復かつ連続』)など、新たな視点から普遍的な世界を描く。あいちトリエンナーレや瀬戸内国際芸術祭への参加、岐阜県可児市での市民劇の演出、福島県いわき総合高校での演出など、全国各地にて精力的に活動している。