インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

鹿野 護

映像作家
アートディレクター

柴 幸男

劇作家
演出家

カンバセーションズには今回で2度目の登場となるアートディレクター、映像作家の鹿野護さん。前回の小説家・小川洋子さんに続き、今回鹿野さんがインタビュー相手として選んだのは、劇団「ままごと」の主宰として活動する劇作家、演出家の柴幸男さん。ループやサンプリングなど音楽的手法を演劇の世界に持ち込んだ独自の表現で注目を集め、2010年には『わが星』で第54回岸田國士戯曲賞を受賞するなど、目覚しい活動を続ける柴さんに、鹿野さんがいま聞きたいこととは果たして?
※このインタビューは、雑誌「QUOTATION」との共同コンテンツです。13年12月24日発売の『QUOTATION』VOL.17の誌面でもダイジェスト版をご覧になれます。

1. なぜ構造を意識するのですか?

柴 幸男 

音楽のようにループが重なることで作品が完成していくということを演劇でもできないかなと思って始めた手法だったんです。

Q.柴さんの演劇をいくつか拝見して、シンプルな繰り返しが少しずつ変化していって全体が浮かび上がってくるような作品の構造に驚きました。まずは、どのようなプロセスでこうした作品が生まれているのかというところから聞かせて頂けますか?

柴:もともと僕は中学、高校の時に読んでいた「ハリウッドの脚本術」みたいな本に則って台本を書いていたんですね。その本には三幕構成で直線的に時間が流れていくようなわかりやすい劇の形が書かれていたのですが、ある時、決められた箱の中に自分のオリジナリティを放り込んでいくのではなく、一直線に時間が流れていくその容れ物自体を疑ってみたらどうなるのかということを考えたんです。そこからは時間の流れ方をわざと変えてみるなど、構造というものを意識して作品を作るようになりました。例えば、音楽のようにループが重なることで作品が完成していくということを演劇でもできないかなと思って始めた手法だったんです。

Q.当時から演劇の世界ではそのような手法というのはあったのですか?

柴:いや、あまりなかった気がします。自分としてもとにかくビックリさせたいという思いもありました。ただ、みんな同時期に同じことを考えていたと思うんです。その頃から時間軸を解体・再構築するような手法が同時多発的に出てきました。その理由として、僕はミュージックビデオの影響というのもあるのかなと思っています。90年代後半からミュージックビデオ出身の映画監督などが台頭し、既存の映画とは違うドラマ構造を持つ作品なども出てきて、そういうものを見てきた経験というのは大きいと思うし、僕自身こういうものを演劇でも作れたらいいなとお手本にしていたのが、ミシェル・ゴンドリーのミュージックビデオだったりするんです。

ままごと+三鷹市芸術文化センター「朝がある」(2012)  Photo:青木司 ままごと「あゆみ」(2011)  Photo: 青木司

Q.柴さんの作品は後から編集したような演劇に見えるんですよね。話を切り刻んだり、時間軸を逆行させたり、見ている人の記憶や想像力にかなり委ねているというか、挑戦されている感じがしました。

柴:そうですね。でも、最近は繰り返しの手法もすっかり定着して、僕よりももっと巧みに時間を操る人も多いし、そこで勝負するのはしんどいなと(笑)。ただ、この手法を使ったことで、演劇的なこととは何かということを捉えることができた気がします。当時僕が使っていたのは、編集、演出的な頭脳で、作家の頭脳ではなかったんです。ああいう複雑な構造というのは頭の中だけでは考えられないので、稽古をしながら作っていくところが大きかったのですが、そうすると劇の根本的な部分が弱くなっていく気がしたんです。俳優が会話を進めることで時間を生み出すという演劇本来の力が弱まり、音楽など代わりになるものが時間を展開してくれないと劇が成立しないというのはまずいなと。例えばこれがダンスであれば、振りを重ねて見せるというのはよくあることだと思うんです。そういう意味で当時僕がやっていたのは、劇の時間をダンスの時間にすり替えるような「演劇のダンス化」だったのかなと。<続く>

もっと知りたい人は…

  • 鹿野 護 

    鹿野 護

    映像作家
    アートディレクター

    WOWアートディレクター。プログラミングを用いた映像表現に取り組み、コマーシャル映像からソフトウェア開発まで様々な分野のビジュアルデザインを手がける。これまでV&A博物館(英)やメゾン・エ・オブジェ(仏)への出展など、インスタレーション作品を制作。近年では地域に主軸をおいたプロジェクトにも積極的に参加している。ウェブサイト「未来派図画工作」主宰。著書「Quartz Composer Book」。

  • 柴 幸男 

    柴 幸男

    劇作家
    演出家

    1982年生まれ愛知県出身。「青年団」演出部所属。「急な坂スタジオ」レジデント・アーティスト。日本大学芸術学部在学中に『ドドミノ』で第2回仙台劇のまち戯曲賞を受賞。2010年『わが星』にて第54回岸田國士戯曲賞を受賞。何気ない日常の機微を丁寧にすくいとる戯曲と、ループやサンプリングなど演劇外の発想を持ち込んだ演出が特徴。全編歩き続ける芝居(『あゆみ』)、ラップによるミュージカル(『わが星』)、一人芝居をループさせて大家族を演じる(『反復かつ連続』)など、新たな視点から普遍的な世界を描く。あいちトリエンナーレや瀬戸内国際芸術祭への参加、岐阜県可児市での市民劇の演出、福島県いわき総合高校での演出など、全国各地にて精力的に活動している。