インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

鹿野 護

映像作家
アートディレクター

小川洋子

小説家

今回インタビュアーになる鹿野 護さんは、ヴィジュアルデザインスタジオWOWに所属し、さまざまな映像やインターフェースデザインを手がける傍ら、サイト「未来派図画工作」や展覧会などにおいて自らの作品を発表しているトップクリエイター。そんな彼がインタビューするのは、91年に『妊娠カレンダー』で芥川賞を受賞し、その後も『博士の愛した数式』や『薬指の標本』など数々のヒット作を世に送り出し、つい先日12年ぶりとなる書き下ろし長編小説『ことり』を発表した小川洋子さん。「映像」「言葉」「物語」「科学」「死」などさまざまなキーワードが飛び出す非常に刺激的な対話になりました。

1. 何を思い浮かべて書いているのですか?

小川洋子 

書いている時は、言葉を考える時間よりも、頭の中の映像を見たり聴いたりするというところに自分の感覚を使っているところがあります。

Q.僕は職業柄、何かを見たり聴いたりした時に、これを映像化するにはどうしたらいいかな? ということを無意識的に考えてしまうのですが、小川さんの作品には、違和感のようなものが常にありながら、それがスッと馴染んでいくような不思議な映像感覚があるんです。

小川:小説を書いている時は、私の頭の中にも映像があるんです。その映像が、読者が思い浮かべている映像とどのくらい近いのかは確認のしようがないですが、書いている時に頭の中にあるのは、言葉以外のものなんです。

Q.それは映像のように動きがあるものなのですか?

小川:微妙なんですけど、やっぱり動きがありますね。ただ、そんなにわかりやすく動いているわけではないんです。ぼんやりしていると見過ごしてしまうようなところに、実は書くべき動きがある。書いている時は、言葉を考える時間よりも、その頭の中の映像を見たり聴いたりするというところに自分の感覚を使っているところがあります。

Q.その映像が浮かばなければ書けないということですか?

小川:そうなんですよ。何か素材になりそうなものと出会った時に、それが映像的であるほど小説になりやすいんです。逆に、面白いストーリーが先にあって、それを小説にするということはないですね。ストーリーやあらすじというのは言葉で説明できるものですよね。そういうものは小説にはなりにくいですね。

Q.新作の『ことり』を読ませて頂き、頭の中にイメージは思い浮かぶけど、実際に映像化するのが難しい作品だなという印象を受けました。僕は日頃から、映像や絵を言葉にするのは難しいなと思っていて、例えば、自分の顔を電話で説明できなかったりする。その時と似た感覚のようなものを作品の中から感じました。

小川:例えば、人物を描写するにしても、言葉にできないものこそが大事だと思うんです。『ことり』に登場するお兄さんが話す「ポーポー語」にしても、それ自体は小説の中に一言も出てこないですね。私の頭の中で、「ポーポー語」で会話をしている状態というのは言語化不可能だったんです。そういえば、こないだ面白い体験をしたのですが、私の小説をマンガにするという話があって、最初に、「主人公に名前がないと顔が描けません」と言われて、あぁそうかと。でも、私の頭にある映像ではみんな名札をつけているわけではないし、人種すら決まっていない。それでも小説を書くことはできるけど、マンガになると、洋服のボタンのデザインまで描かきゃいけないんですよね。<続く>

インフォメーション

書き下ろし長編小説としては12年ぶりとなる小川洋子さんの新刊『ことり』は朝日新聞出版より発売中。

もっと知りたい人は…

  • 鹿野 護 

    鹿野 護

    映像作家
    アートディレクター

    WOWアートディレクター。プログラミングを用いた映像表現に取り組み、コマーシャル映像からソフトウェア開発まで様々な分野のビジュアルデザインを手がける。これまでV&A博物館(英)やメゾン・エ・オブジェ(仏)への出展など、インスタレーション作品を制作。近年では地域に主軸をおいたプロジェクトにも積極的に参加している。ウェブサイト「未来派図画工作」主宰。著書「Quartz Composer Book」。

  • 小川洋子 

    小川洋子

    小説家

    1962年生まれ。早稲田大学第一文学部文芸学科卒業。88年「揚羽蝶が壊れる時」で海燕新人文学賞を受賞。91年「妊娠カレンダー」で芥川賞、2004年『博士の愛した数式』で本屋大賞と読売文学賞、『ブラフマンの埋葬』で泉鏡花文学賞、2006年『ミーナの行進』で谷崎潤一郎賞受賞。作品に『完璧な病室』『アンネ・フランクの記憶』『沈黙博物館』『貴婦人Aの蘇生』『犬のしっぽを撫でながら』『物語の役割』『科学の扉をノックする』『原稿零枚日記』『人質の朗読会』『最果てアーケード』など多数。