インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

兼松佳宏

「greenz.jp」編集長

中原慎一郎

ランドスケーププロダクツ代表

今回インタビュアーとして登場するのは、「あなたの暮らしと世界を変えるグッドアイデア」を紹介するウェブマガジン「greenz.jp」編集長の兼松佳宏さん。先日出版された書籍「ソーシャルデザイン」でも大きな注目を集めた兼松さんがインタビュー相手として選んでくれたのは、インテリアショップ「Playmountain」や、喫茶店「Tas Yard」などを運営し、住宅や店舗、オフィスなどのデザインも手がける「ランドスケーププロダクツ」の代表、中原慎一郎さん。近年は故郷・鹿児島でも精力的に活動し、異色の鹿児島ガイド本「ぼくの鹿児島案内」などの出版も手がけている中原さんに、兼松さんが聞いてみたいこととは?

1. 日本の未来は素敵だと思いますか?

中原慎一郎 

社会全体がどこまで良くなるのかはわからないし、同時にすべてが良くなっていくというのはなかなか難しいと思うので、まずは自分の身近なところから良くしていけば、それが連鎖していくんじゃないかと。

Q.「greenz.jp」をスタートした2006年頃は、社会起業家のような人たちは、ちょっと変わり者のように扱われていたところがあったんですね。でも、最近は憧れの職業になりつつあるように感じています。彼らが向き合っているのは、政治や環境といった大きな問題だけではなくて、それぞれの身近なところにある自分にとっての問題で、『こういう世界になったら良いよね』ということを思い描きながら活動をしている人が多い。ソーシャルメディアの普及もあり、小さな活動が共感の輪に乗ってどんどん広がっていきます。僕にとってはこれこそ新しい時代の芽であり、大きな希望を感じています。一方で、マスメディアでは日本の未来に対して悲観的な論調も多いですよね。そこでまず、「日本の未来についてどう思いますか?」ということから伺いたいと思っています。

中原:将来に関しては、基本楽観的なので(笑)、良くなるだろうとしか思っていないというか、そう思って色んな活動をしています。社会全体がどこまで良くなるのかはわからないし、同時にすべてが良くなっていくというのはなかなか難しいと思うので、まずは自分の身近なところから良くしていけば、それが連鎖していくんじゃないかという考え方ですね。現時点で言うと、僕にとってはそれが南九州の話になるので、東京からではなく、南の方から、日本全国どこでも取り入れられるようなことを提案していきたいなと思っています。とにかく僕は、自分の周りを楽しくすることがスゴく好きなんですよ。もちろん、楽しくするために苦労もするんですけど、それ自体も楽しくできるようなデザインをしようと心がけています。

Q.「日本=自分の周り」ということですね。スゴく共感します。素晴らしいなと思うのは、プレイマウンテンから始まり、Tas YardやCHIGO、最近では鹿児島での動きなど、中原さんのプロジェクトに関わった若い世代がどんどん巣立ち、コミュニティが広がっているところです。

中原:そうですね。それも鹿児島で活動を始めてから実感するようになりました。東京だと、あくまでも「雇う」「雇われる」の関係なんですけど、鹿児島に行くと、自分が思うことに対して人が自然と集まってきてくれて、得意な人が得意なことをやっていくという良い連鎖ができていくんですね。そこには土地柄みたいなものもあると思いますが、いまこのタイミングに、こういうことに敏感に反応する若い子が増えている気はします。良い意味で真似ができる子たちだし、お互いにリスペクトしながら次々に新しいことを考えて、実践するという土壌ができつつあるように思います。

Q.具体的には鹿児島でどんな動きが起きているのですか?

中原:お店などを中心に若い作り手たちがつながり始めています。彼らが地域のデザインや工藝について考え始めて、僕らが始めたクラフトフェアを自主的に運営するようになりました。また、僕らが以前作った喫茶店みたいなものをはじめ、みんながコミュニケーションできる場が鹿児島にも増えていて、そこから色んなコミュニティが生まれているのがよくわかるし、さらに枝葉分かれしていくような期待感がありますね。それはやはりソーシャルメディアなどの力が大きいのかなと。これまでは雑誌など東京から送られて来るものを見ていただけだったけど、いまはネットでリアルタイムにすべて確認できるから地域差がなくなっているし、自分の働き方や暮らしぶりに変化が現れている人も多い。鹿児島の人たちが「自分たちの方が豊かなんだ」と実感できるようになってきているんです。東京というのは、色んなものが流通される市場として大事な場所ですが、震災によって実はすべて地方のもので成り立っているという脆弱性も見えましたからね。<続く>

インフォメーション

中原さん率いるランドスケーププロダクツがアート/プロダクトディレクションを担当した香りのブランド「M tree」が発売中。

もっと知りたい人は…

  • 兼松佳宏 

    兼松佳宏

    「greenz.jp」編集長

    1979年秋田生まれの勉強家兼コンテンツディレクター。「greenz.jp」編集長。趣味は勉強すること、対話すること、プロトタイプすること。ひっくるめて「これからの◯◯」を創造すること。新卒のウェブデザイナーとして制作プロダクションに所属しながら、プロボノでのNPOのウェブサイト構築支援に関わる。アートディレクターとしてCSRコンサルティング企業に転職後、2006年フリーランスのクリエイティブディレクターとして独立。ウェブマガジン「greenz.jp」の立ち上げに関わる。2008年、株式会社ビオピオ設立し、取締役に就任(2011年に退任)。2010年12月よりgreenz.jp編集長。NPO法人グリーンズ理事。著書に『ソーシャルデザイン 社会をつくるグッドアイデア集』(グリーンズ編)、『クリエイティブ・コミュニティ・デザイン 関わり、つくり、巻き込もう』(共著)など。

  • 中原慎一郎 

    中原慎一郎

    ランドスケーププロダクツ代表

    1971年、鹿児島県生まれ。ランドスケーププロダクツ代表。オリジナル家具等を扱う「Playmountain」、カフェ「Tas Yard」、コーヒースタンド「BE A GOOD NEIGHBOR COFFEE KIOSK」、子供のためのレーベル「CHIGO」を展開。また住宅/店舗のデザイン業務、イベントプロデュース/ディレクションを手がける。2012年より「Shibuya Hikarie ShinQs」内のイベントスペース「Craft Bureau」のディレクターに就任。