インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

伊藤直樹

クリエイティブ・ディレクター
PARTY

為末 大

爲末大学

今回カンバセーションズにインタビュアーとして参加してくれるのは、デジタルメディアを中心にさまざまなプロジェクトを手がけ、日本を代表するクリエイティブ・ディレクターのひとりとして、国内外から注目を集めている伊藤直樹さん。「身体性」をクリエーションの重要なテーマとして掲げてきた伊藤さんが、今回インタビュー相手に選んだのは、400mハードルで3度のオリンピック出場経験を持ち、今年6月に惜しまれつつも現役を引退した為末大さん。引退後もさまざまな場での講演やイベント、ツイッターでの発言などで話題を集めている為末さんに、伊藤さんが聞きたいこととは?

5. これからやりたいことは何ですか?

為末 大 

これまでは走っている時に自分の右手がどう動いているのかとか、自分の観察がほとんどでしたが、これからは人の観察をもっとしていきたいなと思っています。

Q.最後にお聞きしたいのは、人一倍体感のセンサーが働いていて、その感覚を言葉にすることもできる為末さんが、今後それをどう活かしていこうとしているのかということです。

為末:何をやったらいいか僕が聞きたいくらいです(笑)。でも、社会の中にスポーツをどう落とし込んだらいいかということにはやはり興味があります。例えば、競技場付きの病院があったらどうかとか、そういうことに自分の経験を活かしていきたいと思っています。あと、体感を通した学びや理解というものがもっとあってもいいと思うので、その辺も考えていきたいですね。例えば、目が見えない人に対して、「正面を向く」という概念を伝えるようとしても、言葉では伝わらないんですね。じゃあそれをどう伝えていくのかを考えていく時に体感が大切になってくるし、そこから人間の新しい理解や、コミュニケーションの形が生まれるような気がするんです。そういう体感ができるものを、スポーツを通してできたらいいなと。

先日出版されたばかりの為末さんによる引退後2冊目となる書籍『走りながら考える』。挫折や苦悩、恥など、心の中に立ちはだかるハードルをいかにして乗り越えるのか等、生き方のヒントとなる考えが満載。

Q.それは僕も最も興味があるところです。ダイアログ・イン・ザ・ダークなどにしても、暗闇を作ることで盲目の人の体感を理解させようとしているわけですよね。あれを体感することは簡単ですが、その体験構造をデザインすることはある種発明だと思っていて、自分がやっていきたいことでもあります。為末さんの力をお借りしながらそういうものが考えていけるとスゴく面白いと思います。

為末:そうですね。あと、僕が面白いと思うのはやっぱり人なんですね。ソーシャルメディアにしても、最終的に行き着くのは人間で、人が書いていることや興味を持っていることが面白いわけですよね。そこにはいまスゴく興味があって、人間というものをもっと観察したいし、理解していきたいんです。具体的に何ができるかはまだわかりませんが、そういう社会心理学的な観点は常に持っていたいと思っています。それによってそれまで気づかなかった感情を発見できたりもするだろうし、変わっていく意識もあるんじゃないかなと。これまでは走っている時に自分の右手がどう動いているのかとか、自分の観察がほとんどでしたが、これからは人の観察をもっとしていきたいなと思っています。

11月24日から2013年1月14日まで表参道GYREで開催される伊藤直樹さん所属のPARTYによる展覧会「OMOTE 3D SHASHIN KAN」。3Dスキャナーと3Dプリンターを使い、10年代の家族の肖像をフィギュアという形で残すという試み。

Q.個人的には、為末さんにはこれからも文章を書き続けてほしいなと思っています。「文体」という言葉があるじゃないですか。それは文字通り「文字の身体」だと思っていて、身体を動かしてきたからこそ言葉が体感的になるということがあると思うんですね。例えば、村上春樹さんの文体というのは、やはり普段走っている人だからこそ生まれているものだと思うんです。

為末:おっしゃる通りたしかに何かしら違う気はします。文章を書いていても、足が前に出ていく感覚や、心の動きについての描写など、自分の中に深い体感があるものには、何かしらリアリティがありますからね。

Q.言葉と身体が高次元で両立した文体を持っている人というのは、現代の作家の中でもそんなに多くない。そういう意味で僕はこれからも為末さんの文章をどんどん読みたいんです。

為末:ありがとうございます。がんばります(笑)。<インタビュー終わり>

インフォメーション

為末さんによる引退後2冊目となる書籍『走りながら考える』が11月26日にダイヤモンド社より出版される。伊藤直樹さんが所属するPARTYによる3Dスキャナーと3Dプリンターを使い、10年代の家族の肖像をフィギュアという形で残す展覧会「OMOTE 3D SHASHIN KAN」が、11月24日から2013年1月14日まで表参道GYREで開催される。

もっと知りたい人は…

  • 伊藤直樹 

    伊藤直樹

    クリエイティブ・ディレクター
    PARTY

    静岡県生まれ。ADK、GT、ワイデン+ケネディトウキョウ代表を経て、2011年クリエイティブラボ「PARTY」を設立。チーフクリエイティブオフィサーを務める。京都造形芸術大学教授。これまでにナイキ、グーグル、ソニーなど企業のクリエイティブディレクションを手がける。「経験の記憶」をよりどころにした「身体性」や「体験」を伴うコミュニケーションのデザインは大きな話題を呼び、国際的にも高い評価を得ている。経産省「クールジャパン」(2011)クリエイティブディレクター。「クールジャパン官民有識者会議」メンバー(2011,2012)。

  • 為末 大 

    為末 大

    爲末大学

    「侍ハードラー」の異名で知られ、未だに破られていない男子400mハードルの日本記録保持者(2001年エドモントン世界選手権 47秒89)。2001年エドモントン世界選手権で、男子400mハードル日本人初となる銅メダルを獲得。さらに、2005年ヘルシンキ世界選手権で初めて日本人が世界大会トラック種目で2度メダルを獲得するという快挙を達成。2012年6月の日本選手権を最後に25年間の現役生活に終止符を打つ。引退後は、為末大学の開校、執筆、コメンテーターなど多岐にわたり活動を展開。