インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

色部義昭

アートディレクター
グラフィックデザイナー

北川フラム

アートプロデューサー
ディレクター

今回、カンバセーションズに初参加してくれるインタビュアーは、日本デザインセンターに所属し、さまざまな企業や文化施設のロゴやサイン計画、ブックデザインなどを手がけるグラフィックデザイナーの色部義昭さん。今回色部さんがインタビューするのは、「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」や「瀬戸内国際芸術祭」の総合ディレクターなどで知られるアートフロントギャラリーの北川フラムさん。同じく北川さんが総合ディレクターとなり、2014年に開催される「中房総国際芸術祭 いちはらアート×ミックス」では、デザインディレクションを手がけることになっている色部さんが、北川さんにいま聞いてみたいこととは?

1. なぜ裏方の仕事に回ったのですか?

北川フラム 

結局絵を描こうと思っても社会の問題に辿り着くんです。それなら自分は裏方に徹して、その問題に取り組んでいこうと考えるようになったんです。

Q.北川さんはもともとはアーティストになろうとしていたのですか?

北川:昔から絵を描いたりするのは好きだったんですが、高校の時に選択授業で取った美術の成績はたしか「2」でした(笑)。授業中は遊んでいるし、課題もやらなかったから当たり前なんですが。でも、田舎の高校にいた当時から、社会のために何かしないといけないという思いは強くて、浪人して東京に出てきてからはデモに行ったりするようになりました。でも、それ以外に何をやったらいいかわからなかったし、将来の職業についても同じでした。そんな時に村上華岳という日本画家が京都市芸大の卒業制作で描いたという絵を見て、凄く驚いたんですね。当時から図書館に行って本を読んだり、美術館に行って展覧会を見るということはずっと続けていたのですが、その村上華岳の絵と、その後に上野の国立近代美術館で見たボナール展をきっかけに、自分も本格的に絵を描きたいと思い、藝大を受験したんです。

Q.学生時代はどんなことをしていたのですか?

北川:色んなことをやりましたが、主にコンサートやお芝居などの裏方の仕事のお手伝いをしていました。学校では彫刻の勉強をしていたのですが、だんだん裏方のお手伝いの方が主流になってきて、デパートの展示会の準備のために泊まりこみのバイトなんかをよく友達と一緒にしていました。そのなかで色々お手伝いをするチャンスが増え、それが現在の仕事につながっていった感じですね。しばらく食べられない時期もあったのですが、自分で色々思うところがあり、ちゃんと仕事をしようと思って最初に取り組んだのが、工事現場の仮囲いにパブリックアートを設置するという仕事でした。その頃から色々なコンペにも参加するようになり、まともに働くようになっていきました。

Q.なぜ絵を描くことを辞めて、裏方の仕事をするようになったのですか?

北川:自分が好きだったアーティストなどを見ていても、みんな晩年はあまり良くないんですね。それはなぜかということを考えてみると、美術というのは宛名のない手紙のようなところがあって、誰にそれを見せたいかという根拠をみんな失ってしまっているんだということに気づいたんです。それは美術というよりは日本社会の問題で、結局絵を描こうと思っても社会の問題に辿り着くんだと。それなら自分は裏方に徹して、そういう問題に取り組んでいこうと考えるようになったんです。<続く>

インフォメーション

北川さんが総合ディレクターを、色部さんがデザインディレクションを担当する「中房総国際芸術祭」は、2014年3月21日〜5月11日まで開催予定。同じくふたりが関わる市原湖畔美術館は現在開館中。 北川さんが総合ディレクターを務める「瀬戸内国際芸術祭2013」の秋会期は10月5日〜11月4日まで。

もっと知りたい人は…

  • 色部義昭 

    色部義昭

    アートディレクター
    グラフィックデザイナー

    1974年生まれ。千葉県出身。東京芸術大学大学院修士課程修了。日本デザインセンター色部デザイン研究室主宰。東京藝術大学非常勤講師。リキテックスアートプライズのグラフィックやTAKEO PAPER SHOW 2011 「本」の展覧会アートディレクション、市原湖畔美術館のVIとサイン計画など、グラフィックをベースに美術館や展覧会等のアートに関連するデザインから企業のCIや公共施設のVI、商品のパッケージまで幅広くデザインを手がけている。

  • 北川フラム 

    北川フラム

    アートプロデューサー
    ディレクター

    1946年新潟県高田市(現上越市)生まれ。東京芸術大学卒業。主なプロデュースとして、「アントニオ・ガウディ展」(1978-1979)、「子どものための版画展」(1980-1982)、「アパルトヘイト否!国際美術展」(1988-1990)等。地域づくりの実践として、2000年にスタートした「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」、「水都大阪」(2009)、「にいがた水と土の芸術祭2009」「瀬戸内国際芸術祭2010、2013」等。 長年の文化活動により、2003年フランス共和国政府より芸術文化勲章シュヴァリエを受勲。「越後妻有アートトリエンナーレ」、「瀬戸内国際芸術祭」の総合ディレクター。