インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

池田晶紀

写真家

金子益三

上富良野町 町議会議員

さまざまなアーティストのポートレート撮影や広告写真などを手がける写真事務所「ゆかい」を率いる池田晶紀さん。そんな池田さんは、先日ひょんなことから北海道上富良野町のPR大使に任命されたといいます。ということで、今回池田さんがインタビューするのは、上富良野町で町議会議員を務め、「サウナスパシティ構想」を掲げたまちづくりを推進している金子益三さん。一見接点がなさそうに思える金子さんと池田さんの間には、果たしてどんな出会いがあったのか? そして、池田さんがいま金子さんに聞いてみたいこととは? 東京にサウナ視察ツアーで滞在中の金子さんに、サウナセンター大泉さんでお話を伺いました。

2. 町民はどんな人たちですか?

金子益三 

上富良野は飲み屋さんなんかもみんな個性的。美人すぎるママから個性的すぎるママまで、一度来たら忘れられない人ばっかり(笑)。

Q.上富良野には、ドラマで見ていた世界がそのまま残っていて、しかもそれが実際に動いていて、町が循環しているというのにビックリしたんです。

金子:僕は、池田さんに冊子の撮影をしてもらって、クオリティの高さにビックリしたんですよ。我々が伝えたいと思っている景色以上に、上富良野の良いところを伝えようとして切り取ってくれていたし、その辺にいる女の人たちがみんな佐々木希みたいに写っていた(笑)。もともと上富良野は景色は良いところなんですけど、それを風景カメラマンが撮ってもあまり面白味はないんですよね。でも、池田さんは町の人たちや訪れた人たちの表情を撮るのが本当に上手ですよね。

Q.「あさよ」がダンボールを持っている写真とか最高でしたよね(笑)。「あさよ」というのは商工会で働いていて、みんなに愛されるマドンナ的な存在の女性なんですけど、これがまたいい女なんですよね。彼女が制服を来て、ダンボールを持って弁当を運んでいる姿とか本当に名場面で、グッとくるんですよ。情感豊かな表現というものが大好きな僕からしたら、上富良野の日常はすべてが名場面に見えるし、凄くドラマチックなんですよね。

金子:上富良野は飲み屋さんなんかもみんな個性的な街ですからね。美人すぎるママから個性的すぎるママまで、一度来たら忘れられない人ばっかり(笑)。あと、ドラマチックというところで外せないのは、第一食堂のあかりちゃん。小学3年生のアクトレスがいますから。

©YUKAI ©YUKAI

Q.急にそこだけ英語 (笑)。あかりちゃんのお母さんも凄く元気な人で、またそのお母さんがもっと元気。朝5時に起きてお弁当を作っているんですよね。元気な街には、その人がいないと盛り上がりに欠けてしまうようなお母さんが必ずいますよね。

金子:第一食堂は、上富良野のライフラインと言われてるんですよ。福祉というのはこれをモデルにしたらいいんじゃないかと思うくらいのお店で、一人暮らしのご老人とかに365日3食分のお弁当を配達しているんですよね。あかりちゃんのお母さんの理佳ちゃんが軽自動車で配達しているんだけど、お店にいるよりも車に乗っている時間の方が長いんじゃないかというくらい(笑)。さらにそのお弁当を作っているのが、あかりちゃんのおばあちゃん。そして、理佳ちゃんもおばあちゃんも私以上にずっと笑っているんですよ。師匠もそうですけど、サウナにつながっている人たちはみんな笑顔なんですよね。そしてその笑顔が、サウナに入って背中に浮かぶ汗の滴に映るわけですよ。

Q.気持ち悪いよ!(笑) しかし、たしかに笑顔は伝染してました。<続く>

もっと知りたい人は…

  • 池田晶紀 

    池田晶紀

    写真家

    1978年横浜生まれ。1999年自ら運営していた「ドラックアウトスタジオ」で発表活動を始める。2003年よりポートレート・シリーズ『休日の写真館』の制作・発表を始める。2006年個人スタジオ「ゆかい」設立。2010年スタジオを馬喰町へ移転。オルタナティブ・スペースを併設し、再び「ドラックアウトスタジオ」の名で運営を開始。国内外で個展・グループ展多数。アーティスト三田村光土里とのアートユニット「池田みどり」としても活動。現在、coyote「水草物語」、たまら・び「表紙写真のものがたり」を連載中。

  • 金子益三 

    金子益三

    上富良野町 町議会議員

    1968年上富良野町生まれ。大学卒業後4代目として家業である呉服店丸一幾久屋を継ぎ、商工会青年部員として町づくりに参画をする。平成13年に青年部長となり、平成15年には上富良野町議会議員に初当選する。その後、北海道商工会青年部連合会副会長などの公職に付き、上富良野町と全国の懸け橋となりながら、さまざまな町おこしを仕掛ける。現在、日本初のヴィヒタ生産販売の会社を立ち上げ、「上富良野町スパ・サウナシティー構想」を手がける。趣味はサウナと旅行で全国47都道府県はすべて制覇。