インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

池田晶紀

写真家

金子益三

上富良野町 町議会議員

さまざまなアーティストのポートレート撮影や広告写真などを手がける写真事務所「ゆかい」を率いる池田晶紀さん。そんな池田さんは、先日ひょんなことから北海道上富良野町のPR大使に任命されたといいます。ということで、今回池田さんがインタビューするのは、上富良野町で町議会議員を務め、「サウナスパシティ構想」を掲げたまちづくりを推進している金子益三さん。一見接点がなさそうに思える金子さんと池田さんの間には、果たしてどんな出会いがあったのか? そして、池田さんがいま金子さんに聞いてみたいこととは? 東京にサウナ視察ツアーで滞在中の金子さんに、サウナセンター大泉さんでお話を伺いました。

1. どうやって町を紹介しているのですか?


金子益三 

上富良野に来る人には、とにかく食べたり、飲んだり、お風呂やサウナに入ったりして、空気を吸ってもらいたいんですよ。

Q..益三さんとは、上富良野を紹介する冊子でお仕事をさせて頂いたり、PR大使に選んで頂いたりと、お付き合いが続いているわけですが、最初にタナカカツキさんと一緒に上富良野に行った時は、挨拶も自己紹介もないまま、いきなり白樺でヴィヒタを作り、一緒にサウナに入ったんですよね。その後夜も静まり返り、ゆっくりした時を過ごしている時にふと我に返って「ところで誰なんですか?」という話になったんですよね(笑)。

金子:そこでようやく、実は私は上富良野町でこういうことをやっていて云々という話をしたんでしたね。

Q.そこで初めて益三さんが町の議員をやっているということがわかったんです。その時に思ったのは、まちづくりをしている人自身が一番町を楽しんでいて、特に自己紹介もしないまま、上富良野に来る人たちを受け入れているという態度が凄く面白いなと。

金子:会ってから8時間くらい自己紹介しなかったですよね(笑)。上富良野に来る人には、とにかく食べたり、飲んだり、お風呂やサウナに入ったりして、空気を吸ってもらいたいんですよ。それらを感じてもらってから、「紹介が遅れましたが、金子と申します」と(笑)。

Q.なるほどー。やっぱりそういう手口だったんですね。

金子:最初に先入観を植えつけるのは良くないじゃないですか。先に手の内を全部明かしてから、この順番でやってくださいという感じだと料理の本みたいですよね。それじゃ面白くないから、まずは材料を好きな順番で料理してみてくださいと。上富良野に100人の人が来た時には100通りの楽しみ方があっていいと思うんです。黙々と山歩きをする人、街をうろつく人、写真を撮る人など百人百様で楽しんでもらわないとね。写真や映像を通して知られているラベンダーが広がる富良野の風景というのがありますが、それ以外にもまだまだ深いものが上富良野にはあって、個々人にそれを体感してもらいたいんですよ。

Q.外から来た人間として感じたのは、「北の国から」の世界が本当にあるんだということだったんですよ。まるで作られていない本当の「北の国から」がここにあると。

金子:池田さんは「北の国から」を崇拝していて、上富良野にいる時はずっと黒板五郎でしたね(笑)。池田さんとカツキさんに上富良野のPR大使をお願いする時に、白銀荘という日本でも3本の指に入るサウナがあるところで襲名式をやりましたよね。そこで「北の国に憧れて来たけど、実はあの景色は全部上富良野だったんですね」という発言が池田さんからあって、ここに住んでいる人間としては、本質を見てくれた思いがして、凄くありがたかったですよ。<続く>

もっと知りたい人は…

  • 池田晶紀 

    池田晶紀

    写真家

    1978年横浜生まれ。1999年自ら運営していた「ドラックアウトスタジオ」で発表活動を始める。2003年よりポートレート・シリーズ『休日の写真館』の制作・発表を始める。2006年個人スタジオ「ゆかい」設立。2010年スタジオを馬喰町へ移転。オルタナティブ・スペースを併設し、再び「ドラックアウトスタジオ」の名で運営を開始。国内外で個展・グループ展多数。アーティスト三田村光土里とのアートユニット「池田みどり」としても活動。現在、coyote「水草物語」、たまら・び「表紙写真のものがたり」を連載中。

  • 金子益三 

    金子益三

    上富良野町 町議会議員

    1968年上富良野町生まれ。大学卒業後4代目として家業である呉服店丸一幾久屋を継ぎ、商工会青年部員として町づくりに参画をする。平成13年に青年部長となり、平成15年には上富良野町議会議員に初当選する。その後、北海道商工会青年部連合会副会長などの公職に付き、上富良野町と全国の懸け橋となりながら、さまざまな町おこしを仕掛ける。現在、日本初のヴィヒタ生産販売の会社を立ち上げ、「上富良野町スパ・サウナシティー構想」を手がける。趣味はサウナと旅行で全国47都道府県はすべて制覇。