インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

池田晶紀

写真家

金子益三

上富良野町 町議会議員

さまざまなアーティストのポートレート撮影や広告写真などを手がける写真事務所「ゆかい」を率いる池田晶紀さん。そんな池田さんは、先日ひょんなことから北海道上富良野町のPR大使に任命されたといいます。ということで、今回池田さんがインタビューするのは、上富良野町で町議会議員を務め、「サウナスパシティ構想」を掲げたまちづくりを推進している金子益三さん。一見接点がなさそうに思える金子さんと池田さんの間には、果たしてどんな出会いがあったのか? そして、池田さんがいま金子さんに聞いてみたいこととは? 東京にサウナ視察ツアーで滞在中の金子さんに、サウナセンター大泉さんでお話を伺いました。

インタビューの前に

池田晶紀 

いま、池田晶紀さんが聞きたいこと

「初めて益三さんとお会いしたのは、タナカカツキさんと一緒に上富良野に行った時なんです。『サ道』という本を出したカツキさんに、ぜひ一度上富良野の素晴らしいサウナを体験してほしいというお誘いがあり、そこに僕も同行したんですね。空港から上富良野に着いたら、以前にカンバセーションズでもカツキさんがインタビューしていた濡れ頭巾ちゃんの案内で、パーマ屋さんに連れて行かれたんですよ。そうしたら中から風格のあるオヤジが出てきて、『師匠です』と紹介されて。それがいまの僕らのサウナ師匠なんですが、その師匠や益三さんたちと一緒に、いきなり『ヴィヒタ』を作るぞということになって(笑)。『ヴィヒタ』というのは、白樺などの葉を束ねて作るもので、本場フィンランドのサウナには欠かせないものなんですが、当時まだまだサウナ初心者だった僕は、『ヴィヒタって何?』『サウナって何?』という状態で、特に自己紹介もないまま一緒に『白銀荘』というサウナに行って、いきなり裸の付き合いが始まったんですよ。
白銀荘は標高1200メートルの山の上にあって、そこで最高のサウナ体験をさせてもらったんですが、その時もずっと益三さんは凄くニコニコしていて、でも、この人が何者なのかはまだ分からない(笑)。夜になって一息ついて我に返った僕らは、ようやくお互いが何をしているかという話をしたんですね。その後は、上富良野をPRする冊子の撮影を担当させてもらったりするなかで、何度も上富良野に通うようになり、先日はPR大使にも選んで頂くなど、ずっとお付き合いが続いているんです。今日はそんな益三さんに、まちづくりのクリエイターとして色んなお話を聞いてみたいなと思っています」

もっと知りたい人は…

  • 池田晶紀 

    池田晶紀

    写真家

    1978年横浜生まれ。1999年自ら運営していた「ドラックアウトスタジオ」で発表活動を始める。2003年よりポートレート・シリーズ『休日の写真館』の制作・発表を始める。2006年個人スタジオ「ゆかい」設立。2010年スタジオを馬喰町へ移転。オルタナティブ・スペースを併設し、再び「ドラックアウトスタジオ」の名で運営を開始。国内外で個展・グループ展多数。アーティスト三田村光土里とのアートユニット「池田みどり」としても活動。現在、coyote「水草物語」、たまら・び「表紙写真のものがたり」を連載中。

  • 金子益三 

    金子益三

    上富良野町 町議会議員

    1968年上富良野町生まれ。大学卒業後4代目として家業である呉服店丸一幾久屋を継ぎ、商工会青年部員として町づくりに参画をする。平成13年に青年部長となり、平成15年には上富良野町議会議員に初当選する。その後、北海道商工会青年部連合会副会長などの公職に付き、上富良野町と全国の懸け橋となりながら、さまざまな町おこしを仕掛ける。現在、日本初のヴィヒタ生産販売の会社を立ち上げ、「上富良野町スパ・サウナシティー構想」を手がける。趣味はサウナと旅行で全国47都道府県はすべて制覇。