インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

平間至

写真家

清水博

東京大学名誉教授
「場の研究所」所長

タワーレコードの「NO MUSIC, NO LIFE」シリーズに代表される数々のミュージシャンの撮影から、愛猫「ミーちゃん」を捉えた写真集、舞踊家・田中泯さんの「-場踊り-」を追い続けているライフワークまで、精力的に活動を続ける写真家の平間至さん。そんな平間さんが今回インタビュー相手に選んだのは、東京大学名誉教授で、現在はNPO法人「場の研究所」の所長を務める清水博さん。昨年の震災以降、地元・塩竈の状況を目の当たりにし、写真の持つ意味を改めて問い直そうとする平間さんが、いま清水さんと話したいこととは?

※このインタビューは、雑誌「ShINC.MAGAZINE」との共同コンテンツです。11月22日発売予定の『ShINC.MAGAZINE』Vol.3の誌面では、平間至さんや、取材現場で撮影をしてくれた大和田良さんの写真などとともに、インタビュー記事をご覧になれます。

5. これからの表現者の役割とは何ですか?

清水博 

これまでのアーティストや写真家には、自分の表現によって社会を啓蒙するという立場がありました。でも、いまはその逆なんです。

Q.先生が話されていた従来の科学技術の研究方法についての考え方も、スゴく写真と密接な問題だと感じます。主観と客観の間には分離できる部分とできない部分があって、科学というのはこれまで主観と客観を分離して考えてきた。でも、これからはその考え方だけでは先に進めないというお話だったと思います。その時に、主観にも客観にもなり得る写真というメディアで世界をどう扱っていけるのか? そこには大きな可能性があるように感じます。

清水:なるほど、全くそうですね。また、そういう写真を紹介していく役割というのも大事になってくると思っています。コマーシャリズムという観点だけで写真を語っても、本質的な役割は見落としてしまうんですね。表現のあり方自体が逆転してきているいま、私たちは何を撮るべきかということをもう一度考えていく必要があると思っています。

平間至「田中泯 −場踊り−」

Q.逆転というと?

清水:これまでのアーティストや写真家には、自分の表現によって社会を啓蒙するという立場がありました。でも、いまはその逆なんです。みんなが生きているということを、みんなの立場から表現することが大切になっていると思うんです。「いま生きている」ということをどう表現するのかということですね。生活というものがまずあって、その表現としてアートがある。そうならないといけないと思います。被災地のことについても同じで、「生きている」というところから建て直していかないと、復興できるはずはないんです。

平間至「田中泯 −場踊り−」

Q.たしかに最近は写真の世界でも、被写体が生活寄りのものにシフトしています。これまでは写真家が未開の地に行って撮ってきた写真に新しい価値観を見出していたのですが、すべてではないとはいえ、いまは日常を撮って表現していくというものが増えていますね。

清水:やはり「生きている」ということの中に大切なことがあるんですよね。さらに言うと、「生きている」ではなく、「生きていく」ということを改めて考えていく必要があると思うし、いまはまさにそういう方向へと社会がシフトしている最中だと思います。

Q.被災地に行くと、土台しか残っていない家の片隅にアルバムや写真が重ねて置かれているんですね。それを見た時に、写真というものが人間にとって非常に大切なものなんだということを改めて実感しました。うちは実家がもともと写真館をやっていたのですが、僕自身はここ20年くらいメディアを中心に仕事をしてきました。でも、いまは普通に生活している人たちのことを、普通に撮って残していきたいという気持ちが強まっていて、「ひらま写真館」という名前で、全国どこへでも頼まれれば写真を撮りに行くと活動を始めました。まさに先生がおっしゃっているように、啓蒙していくアートではなく、一般の人たちが生きている姿をどう表現していくのかということをやっているんです。

清水:写真ほど歴史を表現できるものって他にはないんです。例えば、写真アルバムというのは、歴史の編集だと言えるし、みんなで歴史を創っていくというのは「共創」の前提になるものだと思います。そうやって歴史を創っていくと、誇りが生まれてくる。誇りを持つということはスゴく大切なことだし、自分たちがやらないといけないという気持ちも芽生える。平間さんのやっている活動にはそういう意味でも期待ができるし、とても夢がある仕事だと思います。<インタビュー終わり>


もっと知りたい人は…

  • 平間至 

    平間至

    写真家

    1963年、宮城県塩竈市生まれ。日本大学芸術学部写真学科を卒業後、イジマカオルに師事。躍動感のある人物撮影や、写真から音楽が聞こえてくるような作品により、多くのミュージシャン撮影を手掛ける。近年では舞踊家の田中泯 氏の「場踊り」シリーズをライフワークとし、世界との一体感を感じさせるような作品制作を追求している。2006年よりゼラチンシルバーセッションに参加、2008年より「塩竈フォトフェスティバル」を企画。2009年よりレンタル暗室&ギャラリー「PIPPO」をオープンし、ワークショップを企画する等、フィルム写真の普及活動を行っている。

  • 清水博 

    清水博

    東京大学名誉教授
    「場の研究所」所長

    1932年愛知県生まれ。1956年東京大学医学部卒業。薬学博士。東京大学名誉教授。〈いのち〉の科学/生命関係学/〈いのち〉と場の哲学を専門とし、2004年よりNPO法人「場の研究所」所長を務め、現在に至る。