インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

平間至

写真家

清水博

東京大学名誉教授
「場の研究所」所長

タワーレコードの「NO MUSIC, NO LIFE」シリーズに代表される数々のミュージシャンの撮影から、愛猫「ミーちゃん」を捉えた写真集、舞踊家・田中泯さんの「-場踊り-」を追い続けているライフワークまで、精力的に活動を続ける写真家の平間至さん。そんな平間さんが今回インタビュー相手に選んだのは、東京大学名誉教授で、現在はNPO法人「場の研究所」の所長を務める清水博さん。昨年の震災以降、地元・塩竈の状況を目の当たりにし、写真の持つ意味を改めて問い直そうとする平間さんが、いま清水さんと話したいこととは?

※このインタビューは、雑誌「ShINC.MAGAZINE」との共同コンテンツです。11月22日発売予定の『ShINC.MAGAZINE』Vol.3の誌面では、平間至さんや、取材現場で撮影をしてくれた大和田良さんの写真などとともに、インタビュー記事をご覧になれます。

4. 写真は新しい世界を創ることができますか?

清水博 

写真を撮るということは、新しい世界や秩序を創造する行為だと言えますよね。

Q.いま出た「共存在」という話につながるかもしれないですが、震災の現場に行って僕が抱いた問題意識は、「どれだけの人たちのことを考えられるか」ということでした。「人間の器」というのはよく使われる言葉ですが、それは、どれだけの人のことを考えてあげられるかによって決まってくるんじゃないかと。

清水:まさにそれが共存在ということですね。共存在ということを意識すると、他の人間や生き物が幸せになるような生き方ができた時に、自分自身も幸せを感じるようになる。そういう意識が新しい人間像を作っていくんじゃないかと思うんですね。ただお金を稼ぐための労働ではやる気が出ないかもしれないけど、共存在という意識があると力が生まれてくる。例えば、動物の世界というのは弱肉強食の世界で、強いものだけが残っていくように思われがちですが、実際は違いますね。全体としては共存在の原理で動いているんです。いわゆる競争原理ではない、共存在原理の中での競争というのは、自分自身を創造するはたらきになるんですね。それによって動物は進化してきたわけだし、現在の資本主義社会のように強いものしか残らない競争とはちょっと違うんです。私たちの表層意識には競争原理がありますが、DNAレベルで受け継がれてきた深層意識には、共存在原理があると思うんです。まさに田中泯さんという人は、その共存在表現を徹底してやっているわけですね。それを写真で撮ろうと思うと、やはりカラーではなく、モノクロになるんじゃないかなと感じます。

平間至「田中泯 −場踊り−」

Q.先生は、カラー写真は意識を映すもの、モノクロ写真は存在を撮るものという話も以前にされていましたね。存在自体に色があるわけではなく、光の反射によってそのものは色付けされている。それを写真に置き換えると、カラー写真というのは、自分が世界をこう見ているという意思表明であり、自分やモノの存在そのものを表現するのがモノクロなんじゃないかと。これはとてもわかりやすいですし、僕の大好きな表現です。

清水:もし田中泯さんの写真がカラーで撮られていたらどうなるんだろうと思うんですね。そうすると、おそらく私の頭の中には動画として現れることはないだろうと。私自身、亡くなった両親の存在を思い出す時に、カラーで出てくることはあまりないんです。現実の世界には色がついているけれど、ある居場所の中の存在に意味を発見しようとする時に、カラーというのはどれだけ意味を持ちうるのかというのは大きな問題だと思います。色を付けることで意味が失われてしまう部分もあるんじゃないかと。

Q.先生は「場の思想」という本の中で、これまでの「秩序」というのは、近代文明による力の支配の上にしか成り立ってこなかったんじゃないかということを書かれていますよね。僕はそれを読んだ時に、写真というのはある種、多様性のある現実に秩序を与える行為なんじゃないかと感じたんです。力による支配ではない秩序の与え方というのが、美しいプリントというものを通してできるんじゃないかと。

清水:「場の思想」を書いた頃からはだいぶ時間が経っていますが、いま強く感じているのは、多様性のなかに秩序を作るために必要なのは「競争」ではなく、「共創」だということです。違うもの同士がただ横にあるというだけではなく、一緒に秩序を創造することで、はじめて共存在できるようになる。生物というのは、もともと自分自身を創造するものであって、それぞれがぶつかった時に大切なことは、お互いに丸くなることではなく、差異をハッキリさせた上で、両者が意味を持てるような新しい共存在状態が生まれるように自分自身を創造していくことなんです。それを言い換えると、居場所の創造ということになっていくんじゃないかと。例えば、日本、韓国、中国がお互いの差異を認め、その一歩先を考えること。もしくは、地域同士が、それぞれの文化や歴史の上に立ち、自分たちの魅力を発信しながら自分自身を新しく創造して共存在していくこと。これらは、映像や写真がもっている言葉を越える表現力を抜きにできるとは思えない。つまり写真を撮るということは、平間さんがおっしゃるように、新しい世界や秩序を創造する行為だと言えますよね。<続く>

もっと知りたい人は…

  • 平間至 

    平間至

    写真家

    1963年、宮城県塩竈市生まれ。日本大学芸術学部写真学科を卒業後、イジマカオルに師事。躍動感のある人物撮影や、写真から音楽が聞こえてくるような作品により、多くのミュージシャン撮影を手掛ける。近年では舞踊家の田中泯 氏の「場踊り」シリーズをライフワークとし、世界との一体感を感じさせるような作品制作を追求している。2006年よりゼラチンシルバーセッションに参加、2008年より「塩竈フォトフェスティバル」を企画。2009年よりレンタル暗室&ギャラリー「PIPPO」をオープンし、ワークショップを企画する等、フィルム写真の普及活動を行っている。

  • 清水博 

    清水博

    東京大学名誉教授
    「場の研究所」所長

    1932年愛知県生まれ。1956年東京大学医学部卒業。薬学博士。東京大学名誉教授。〈いのち〉の科学/生命関係学/〈いのち〉と場の哲学を専門とし、2004年よりNPO法人「場の研究所」所長を務め、現在に至る。