インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

平間至

写真家

清水博

東京大学名誉教授
「場の研究所」所長

タワーレコードの「NO MUSIC, NO LIFE」シリーズに代表される数々のミュージシャンの撮影から、愛猫「ミーちゃん」を捉えた写真集、舞踊家・田中泯さんの「-場踊り-」を追い続けているライフワークまで、精力的に活動を続ける写真家の平間至さん。そんな平間さんが今回インタビュー相手に選んだのは、東京大学名誉教授で、現在はNPO法人「場の研究所」の所長を務める清水博さん。昨年の震災以降、地元・塩竈の状況を目の当たりにし、写真の持つ意味を改めて問い直そうとする平間さんが、いま清水さんと話したいこととは?

※このインタビューは、雑誌「ShINC.MAGAZINE」との共同コンテンツです。11月22日発売予定の『ShINC.MAGAZINE』Vol.3の誌面では、平間至さんや、取材現場で撮影をしてくれた大和田良さんの写真などとともに、インタビュー記事をご覧になれます。

3. 「いのち」を撮るってどういうことですか?

清水博 

対象を映すだけではなく、その対象が二重生命的にその居場所の中にあるということを撮っていく必要があると思うんです。

Q.以前から先生は、近代社会になって、人のいのちが帰しづらい世の中になってしまったということを心配されていますよね。例えば、自然界であれば、葉が落ちることでいのちは循環していきますが、そういうものが人間の世界ではなかなか見えづらい。そのことにスゴく共感しているのですが、では写真という行為を通して、いのちを撮るということはどういうことだとお考えですか?

清水:自分自身でも写真は撮るのですが、まず私は科学者ですから、「いのち」というものをしっかり問いたいという思いが根底にあるんですね。私たちの原点には生活があるわけで、結局大切なことは「いのち」なんですね。「いのち」というのは、生きていることだけじゃなくて、死ぬことによっても広がっていきます。生と死とは循環しているのです。死になることによって個体や種としての生を越えていくのです。田中泯さんは、そのいのちを表現しているように感じるし、それは人間が地球といういのちの居場所でもっている意味を再発見していく行為でもある。その時に写真は、対象を映すだけではなく、その対象が二重生命的にその居場所の中にあるということを撮っていく必要があると思うんです。これからは居場所の表現というものを発見していく時代です。だから私は、本当に優れた人たちに居場所を撮ってほしいという願いがあります。私の場合は、芸術家としてではなく科学者として、生死を超えたいのちを問うために写真を撮らないといけないなと思っています。

Q.今年亡くなった写真家の石元泰博さんのお葬式に参列した時に、石元さんのご遺体と、そばに置かれていた彼の写真集から感じるものが、僕の中でピッタリ一致したんですね。その時に、石元さんという人は、生きている時でも死んだ状態で写真を撮っていたんじゃないかと感じたんです。優れた写真家というのは、ある意味死んだ状態で写真を撮っているんじゃないかと。

清水:個体としては消えてしまっても、それがいのちとして消えてしまったとは言い切れないと思うんですね。いのちというのははたらきのことですから、個体としてのはたらきはなくなってもなお、居場所としてのいのちとしてはたらくということはあり得る。例えば、キリスト教なんかにしても、キリストが十字架の上でいのちを落とした後で、居場所のいのちとして復活してキリスト教が生まれたわけですよね。仏教も釈尊の死後に生まれたものだし、死んだ後にいのちが広がっていくことがある。写真にしてもそれは同じで、生きているものだけではなくて、死んでいるものから「いのち」を表現する写真というのもあるんじゃないかと思っています。

Q.僕は、死の一部に生があると思っています。実際に、死んだ人間の方が生きている人間より圧倒的に多いわけで、生というのはごく限られたものなんじゃないかと。

清水:そういう見方もできるかも知れませんね。例えば、平間さんが撮ったこの写真は、古墳と思われるものの上に桜が1本立っていますよね。これはまさにそうした「いのち」のあり方を象徴した一枚と言えるんじゃないかと思いました。私の自宅の近くには林があるのですが、春になると木々の芽が出て、葉が生い茂ってくるんですね。その時、葉っぱは一枚一枚生きていますが、木々は太陽の光の奪い合って成長競争をしていますから、競争に負けた葉は枯れてしまいます。でも、秋になってすべての葉が落ちる時には、どの木から落ちた葉という区別はなくて、林全体に絨毯のように広がるのです。そして、落ち葉は翌年にまた木が育つためのいのちの源になるわけです。そして分解され、海に運ばれてプランクトンを生み、海の魚を育てます。つまり、葉っぱというのは、落ち葉になった段階で個体を超えて、種を越えて、その影響を地球に広げていくんですね。そういう意味で、生も死も大きないのちのもとにつながっていて、すべての生物は共存在しているんです。<続く>

もっと知りたい人は…

  • 平間至 

    平間至

    写真家

    1963年、宮城県塩竈市生まれ。日本大学芸術学部写真学科を卒業後、イジマカオルに師事。躍動感のある人物撮影や、写真から音楽が聞こえてくるような作品により、多くのミュージシャン撮影を手掛ける。近年では舞踊家の田中泯 氏の「場踊り」シリーズをライフワークとし、世界との一体感を感じさせるような作品制作を追求している。2006年よりゼラチンシルバーセッションに参加、2008年より「塩竈フォトフェスティバル」を企画。2009年よりレンタル暗室&ギャラリー「PIPPO」をオープンし、ワークショップを企画する等、フィルム写真の普及活動を行っている。

  • 清水博 

    清水博

    東京大学名誉教授
    「場の研究所」所長

    1932年愛知県生まれ。1956年東京大学医学部卒業。薬学博士。東京大学名誉教授。〈いのち〉の科学/生命関係学/〈いのち〉と場の哲学を専門とし、2004年よりNPO法人「場の研究所」所長を務め、現在に至る。