インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

平間至

写真家

清水博

東京大学名誉教授
「場の研究所」所長

タワーレコードの「NO MUSIC, NO LIFE」シリーズに代表される数々のミュージシャンの撮影から、愛猫「ミーちゃん」を捉えた写真集、舞踊家・田中泯さんの「-場踊り-」を追い続けているライフワークまで、精力的に活動を続ける写真家の平間至さん。そんな平間さんが今回インタビュー相手に選んだのは、東京大学名誉教授で、現在はNPO法人「場の研究所」の所長を務める清水博さん。昨年の震災以降、地元・塩竈の状況を目の当たりにし、写真の持つ意味を改めて問い直そうとする平間さんが、いま清水さんと話したいこととは?

※このインタビューは、雑誌「ShINC.MAGAZINE」との共同コンテンツです。11月22日発売予定の『ShINC.MAGAZINE』Vol.3の誌面では、平間至さんや、取材現場で撮影をしてくれた大和田良さんの写真などとともに、インタビュー記事をご覧になれます。

2. 「果の論理」「因の論理」って何ですか?

清水博 

「果の論理」というのは、こうあるべきだという結果を最初に考えて、それに合わせて行動していくという考え方です。一方で、「因の論理」というのは、自分が出発点を選択したり、作ったりすることをするだけで後は居場所のはたらきに任せるというやり方です。

Q.以前に田中泯さんが、「多くの写真家は動き続けている自分を、写真に撮ることで止めようとする」という話をされていたんですね。僕にはそれを感じなかったそうなのですが、それは、シャッターが切られる瞬間だけではなく、いかにその前後の時間を写真に取り込めるかということを自分が考えているからかもしれません。例えば、僕が清水先生の写真を撮るとしたら、これまでにお会いした場面や時間の蓄積というものがあるので、初対面で撮るのとは当然写真も変わってくると思うんですね。これから先ふたりがどうなっていくのかということまでどこかで予感しながら、シャッターを切っていくと思います。

清水:平間さんが撮った田中泯さんの写真を思い出そうとすると、どうしても動画として頭に現れてしまうんですよ。これは、田中さんが居場所からのはたらきを感じて居場所と情感的なコミュニケーションしている状態が、非常によく撮られているからなんじゃないかと思います。これに限らず、平間さんの写真からは、「きっとその場でこんなことをやっていたんじゃないか」という動きのある映像のイメージが湧いてくる。だからそれが記憶にも残っていくのだと思います。

Q.例えば、シャッタースピードを1/125秒としたときに、いかにその瞬間に自分のいのちを燃焼させられるかということを考えます。燃焼させればさせるほど、その1/125秒が無限に広がっていくような感覚があるんです。

清水:なるほどね。私は最近、「果の論理」「因の論理」という言葉を使っているのですが、田中さんの写真というのは、「因の論理」によって撮られたものだと思うんですね。どういうことかというと、まず「果の論理」というのは、こうあるべきだという結果を最初に考えて、それに合わせて行動していくという考え方です。例えば、大企業のように「1年後にはこのくらいの儲けがないといけない」と考えるやり方ですね。一方で、「因の論理」というのは、自分が出発点を選択したり、作ったりすることをするだけで後は居場所のはたらきに任せるというやり方です。問題を発見するところまでは自分がやるけれど、その後は自分だけでは決定ができない状態になる。それを写真に置き換えると、予想できない結果として生まれたものがある写真ということになるのです。つまり、居場所からの与贈です。そういう写真を見ると、いのちが撮れているなと感じるんです。

東日本大震災の1ヶ月前の嵐の日に、塩竈・七ヶ浜港で平間さんが撮影した写真。

Q.そういう意味では、「こういうものが撮りたい」というイメージのもとに撮る写真は、「果の論理」の写真ということになりますね。

清水:その通りです。そういう写真は、途中の経過が結果に縛られてしまうから、型にはまった感じがして面白くないんですよ。一方で、自分が条件を設定して、その中で結果を居場所に任せて自分なりに前向きのベストを尽くすという「因の論理」で撮られた写真というのは、そこに被写体の生活や生き様が入ってくるわけです。それは自分のいのちの居場所への与贈です。現代の社会や文化というのは、「果の論理」で縛られすぎていて身動きがとれない状態になっていると思うんです。分かりやすく言ってしまうと、お金に縛られているということなんですね。お金というのは「結果」ですが、それを先に予想してしまうのがマズイわけです。もちろんお金がないと生きていけませんが、動機はもっと違うところにあるべきなんじゃないかと。「果の論理」に縛られている企業や政治というのは、これからだんだん調子が悪くなっていくだろうし、そういう意味でいまの日本の形は、崩壊過程にあると言えるのかもしれません。<続く>

もっと知りたい人は…

  • 平間至 

    平間至

    写真家

    1963年、宮城県塩竈市生まれ。日本大学芸術学部写真学科を卒業後、イジマカオルに師事。躍動感のある人物撮影や、写真から音楽が聞こえてくるような作品により、多くのミュージシャン撮影を手掛ける。近年では舞踊家の田中泯 氏の「場踊り」シリーズをライフワークとし、世界との一体感を感じさせるような作品制作を追求している。2006年よりゼラチンシルバーセッションに参加、2008年より「塩竈フォトフェスティバル」を企画。2009年よりレンタル暗室&ギャラリー「PIPPO」をオープンし、ワークショップを企画する等、フィルム写真の普及活動を行っている。

  • 清水博 

    清水博

    東京大学名誉教授
    「場の研究所」所長

    1932年愛知県生まれ。1956年東京大学医学部卒業。薬学博士。東京大学名誉教授。〈いのち〉の科学/生命関係学/〈いのち〉と場の哲学を専門とし、2004年よりNPO法人「場の研究所」所長を務め、現在に至る。