インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

平間至

写真家

清水博

東京大学名誉教授
「場の研究所」所長

タワーレコードの「NO MUSIC, NO LIFE」シリーズに代表される数々のミュージシャンの撮影から、愛猫「ミーちゃん」を捉えた写真集、舞踊家・田中泯さんの「-場踊り-」を追い続けているライフワークまで、精力的に活動を続ける写真家の平間至さん。そんな平間さんが今回インタビュー相手に選んだのは、東京大学名誉教授で、現在はNPO法人「場の研究所」の所長を務める清水博さん。昨年の震災以降、地元・塩竈の状況を目の当たりにし、写真の持つ意味を改めて問い直そうとする平間さんが、いま清水さんと話したいこととは?

※このインタビューは、雑誌「ShINC.MAGAZINE」との共同コンテンツです。11月22日発売予定の『ShINC.MAGAZINE』Vol.3の誌面では、平間至さんや、取材現場で撮影をしてくれた大和田良さんの写真などとともに、インタビュー記事をご覧になれます。

1. なぜいま「情感」が大切なのですか?

清水博 

生物というのは、情感のコミュニケーションをしていて、それはいわゆるデジタル・コミュニケーションとは違うんですね。そういうものをどれだけキャッチできるかということはとても大切なことだと思います。

Q.今日は、写真の話をしながら、日頃清水先生が考えられていることをお聞きできたらと思っています。そこでまずは去年の震災の話なのですが、震災後に僕が思ったことは、結果を求める前にまずは行動をするということでした。実際に現地へ行くと、マスコミが伝える情報とは違う状況が山ほどあるんですね。メディアが伝える情報を見て、勝手に自分で結果を予測してしまう人が多い世の中だからこそ、リスクを持って行動することがスゴく大切なんじゃないかということを感じました。当初は、写真を通して津波の怖さを伝えたいという思いがあったのですが、実際に行ってみると、あまりにスケールが大きすぎて、これは自分が撮れる相手じゃないと。しかも、日常と非日常の間にグラデーションがなく、パッキリ分かれている状況を目にして、写真を撮ろうという気持ちはなくなってしまったんです。

清水:写真を撮れなくなってしまったということが何を意味しているのかということは、いま日本人が考えないといけない問題だと思います。以前に、生物と物質というものがどう違うのかということを考えた人がいましてね、その人が考える生物の特徴というのは、自分の居場所と相互に働きかけ合いながら、双方から変化していくということなんです。それは私の「生物にいのちがあるように、居場所にもいのちがあるんだ」という考えにつながっていくのです。いのちというのは生命の「はたらき」のことで、生物と居場所という両者に互いにいのちを与贈し合うというはたらきがあって、初めて生きていく状態が生まれるんだと。私はこれを「いのちの与贈循環」と名づけています。生き物のいのちは、居場所のいのちの中にある。つまり「二重生命」なんですね。そして、平間さんが写真を撮れなかった理由というのは、ただ機械的に、一重生命的にではなく、二重生命的に撮っているからだと思うんです。ある「場」から情感を感じる時、私たちはその場のはたらきに包まれている状態なんですね。平間さんはその情感を、写真で表現されているのだと思います。

平間至「田中泯 −場踊り−」

Q.写真というのは視覚表現ですが、僕はいつも撮る前に目をつぶりたい気持ちになるんですね。なるべく視覚に頼らず、視覚以外の五感を使って写真を撮りたいという思いがある。それはもしかすると、その場の「情感」を感じたいということなのかもしれないですね。

清水:そうですね。例えば、平間さんが撮った舞踊家の田中泯さんの写真を見ると、まさに田中さんは居場所のいのちに包まれている感じがするんですね。自分のいのちを居場所に与贈することで、その場のいのちに包まれる。その状態が写真から伝わってきて、スゴく共感ができるんです。居場所のいのちというのは、見ろと言って見られるものではなく、情感として感じるものなんですね。普段生活をしていても、この場所は感じが良いなとか、ちょっとイヤだなと思うことがあると思います。これは居場所からのはたらきかけであり、それを私たちが情感として受け取っているんです。生物というのは、こうした情感のコミュニケーションをしていて、それはいわゆるデジタル・コミュニケーションとは違うんですね。そういうものをどれだけキャッチできるかということはとても大切なことだと思います。

Q. いまはその「情感」というものが、日常の中であまり大切にされないことが多いですよね。どちらかというと、なかったことにされてしまう傾向がある気がします。

清水:情感というのは、身体表現や視覚表現だけに限らず、さまざまな分野において重要なことだと思います。例えば、ある企業の社長が書いた本によると、いまの若い人たちは、儲けようという動機だけでは働かないんだそうです。それよりも自分がやっていることがどれだけ社会貢献につながっているかを考え、それに納得できた時にエネルギーが出るんだと。こうした情感的な情報のコミュニケーションの方が、データで示されるような客観的な情報よりも共有されやすいんですね。科学者などにしても、それぞれの分野で成功した人の大学入試時の成績を見てみると、たとえば数学者であっても数学の結果はまったく関係なく、むしろ国語の成績に関係があるようなんです。これもおそらく情感に関わる問題で、新しいことを考えたり、創造的な研究をする上でも情感というのは大切になってくるのだと思います。<続く>

もっと知りたい人は…

  • 平間至 

    平間至

    写真家

    1963年、宮城県塩竈市生まれ。日本大学芸術学部写真学科を卒業後、イジマカオルに師事。躍動感のある人物撮影や、写真から音楽が聞こえてくるような作品により、多くのミュージシャン撮影を手掛ける。近年では舞踊家の田中泯 氏の「場踊り」シリーズをライフワークとし、世界との一体感を感じさせるような作品制作を追求している。2006年よりゼラチンシルバーセッションに参加、2008年より「塩竈フォトフェスティバル」を企画。2009年よりレンタル暗室&ギャラリー「PIPPO」をオープンし、ワークショップを企画する等、フィルム写真の普及活動を行っている。

  • 清水博 

    清水博

    東京大学名誉教授
    「場の研究所」所長

    1932年愛知県生まれ。1956年東京大学医学部卒業。薬学博士。東京大学名誉教授。〈いのち〉の科学/生命関係学/〈いのち〉と場の哲学を専門とし、2004年よりNPO法人「場の研究所」所長を務め、現在に至る。