インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

平間至

写真家

清水博

東京大学名誉教授
「場の研究所」所長

タワーレコードの「NO MUSIC, NO LIFE」シリーズに代表される数々のミュージシャンの撮影から、愛猫「ミーちゃん」を捉えた写真集、舞踊家・田中泯さんの「-場踊り-」を追い続けているライフワークまで、精力的に活動を続ける写真家の平間至さん。そんな平間さんが今回インタビュー相手に選んだのは、東京大学名誉教授で、現在はNPO法人「場の研究所」の所長を務める清水博さん。昨年の震災以降、地元・塩竈の状況を目の当たりにし、写真の持つ意味を改めて問い直そうとする平間さんが、いま清水さんと話したいこととは?

※このインタビューは、雑誌「ShINC.MAGAZINE」との共同コンテンツです。11月22日発売予定の『ShINC.MAGAZINE』Vol.3の誌面では、平間至さんや、取材現場で撮影をしてくれた大和田良さんの写真などとともに、インタビュー記事をご覧になれます。

インタビューの前に

平間至 

いま、平間至さんが聞きたいこと

「昨年の震災の1ヶ月前に塩竈の実家に帰っていて、七ヶ浜港というところで写真を撮りたいと思っていたんですが、たままたその日がスゴい嵐になったんですね。普段撮影をする時は比較的天気に恵まれることが多いのですが、その日は台風並みの嵐で、何かが問われている気がしたんです。それで、この嵐を撮ろうと思い立ち、断崖絶壁のような所で命がけに近い形で撮影をしました。そこには自然と向き合っている自分がいて、これからはこういう写真を撮っていきたいと思うようになったのですが、その1ヶ月後に震災が起きました。清水先生とは、震災前からお話をする機会があり、その頃からずっと話されていた価値観の変化というものが、震災を経て、より明確になったように感じています。そのなかで写真というものが、これからの新しい価値観というものを伝えていく上で、大事な役割を担えるんじゃないかと思っているのですが、今日は僕の作品をご覧になって頂きながら、写真のことや、先生がいま考えていることなどを色々お聞きできればと思っています」

もっと知りたい人は…

  • 平間至 

    平間至

    写真家

    1963年、宮城県塩竈市生まれ。日本大学芸術学部写真学科を卒業後、イジマカオルに師事。躍動感のある人物撮影や、写真から音楽が聞こえてくるような作品により、多くのミュージシャン撮影を手掛ける。近年では舞踊家の田中泯 氏の「場踊り」シリーズをライフワークとし、世界との一体感を感じさせるような作品制作を追求している。2006年よりゼラチンシルバーセッションに参加、2008年より「塩竈フォトフェスティバル」を企画。2009年よりレンタル暗室&ギャラリー「PIPPO」をオープンし、ワークショップを企画する等、フィルム写真の普及活動を行っている。

  • 清水博 

    清水博

    東京大学名誉教授
    「場の研究所」所長

    1932年愛知県生まれ。1956年東京大学医学部卒業。薬学博士。東京大学名誉教授。〈いのち〉の科学/生命関係学/〈いのち〉と場の哲学を専門とし、2004年よりNPO法人「場の研究所」所長を務め、現在に至る。