インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

服部 円

編集者

深井晃子

キュレーター
服飾研究家

今回インタビュアーを務めてくれる服部円さんは、「honeyee.com」「.fatale」をはじめファッション系メディアを中心に活動し、猫×クリエイターをテーマにしたWebマガジン「ilove.cat」も主宰する編集者。そんな服部さんがインタビューするのは、京都服飾文化研究財団(以下KCI)で理事、チーフキュレイターを務める深井晃子さん。深井さんがキュレーションした展覧会を見たことが大きな転機になったという服部さんが、深井さんにいま聞きたいこととは?

1. なぜ洋服を集め始めたのですか?

深井晃子 

日本にもファッションの研究所が必要だという機運が高まり、78年にKCIが生まれました。当時は、貴重なものをいまより安く手に入れることができたので、収集は比較的しやすかったですね。

Q.今回の取材の前に、KCIのコレクションを初めて見学させて頂いたのですが、そもそもどのようなきっかけで洋服を収集することになったのですか?

深井:創設者であるワコール塚本幸一さんのひらめきが大きかったのだと思います。KCIができた70年代は、ファッションが大きなポテンシャルを持っているということに多くの人が気付き始めた時期で、メトロポリタン美術館ヴィクトリア&アルバート博物館などでもファッションの展覧会が行われるようになっていました。時代の空気をキャッチする能力が非常に高かった塚本さんも同じように感じ、三宅一生さんの尽力で、メトロポリタン美術館でダイアナ・ヴリーランドがキュレーションしたファッションの展覧会を京都国立近代美術館で75年に開催したんですね。これがきっかけとなり、日本にもファッションの研究所が必要だという機運が高まり、78年にKCIが生まれたんです。

Q.深井さんご自身はどういう経緯でKCIに入ったのですか?

深井:私はモラトリアム期間が非常に長くて…(笑)、自分がこれから何をしようかということをしばらく決めかねていました。KCIが立ち上がる前に私はパリにいたのですが、75年頃に現地でアール・デコ展を見たんですね。そこではファッションも展示の一部として組み込まれていて、こういう視点でファッションを捉えることができるんだと感じました。その後、日本に帰ろうという頃にちょうどKCIができていたので、塚本さんに会いに行き、ここで仕事がしたいということを話し、働くようになったんです。

深井さんが手がけた「身体の夢」展(1999年)。  (C) Kyoto Costume Institute, photo by Naoya Hatakeyama

Q.立ち上げ当初はどういうものから収集していったのですか?

深井:完全にゼロからのスタートだったので、当初はテーマもなにもないような状態でしたが、ファッションの歴史をつくってきた美しいものを収集していこうと考え、縁があったものの中からコンディションの良いものをとにかく買っていきました。ただ、一口に「美」と言っても、時代を問わない絶対的な美しさというものと、時代によって変容する美しさというものがありますよね。それらを見極めていくために、当然時代背景についても勉強しないといけないのですが、たくさんのものを見ていくうちに、次第と良いものが自分でもわかってくるようになっていきました。当時は、ファッションの美術館というものが多くなかったですし、貴重なものをいまより安く手に入れることができたので、収集は比較的しやすかったですね。<続く>

もっと知りたい人は…

  • 服部 円 

    服部 円

    編集者

    編集者。武蔵野美術大学空間演出デザイン学科卒業、同大学院中退。女性ファッション誌の編集者を経て、現在はフリーランスの編集者として「honeyee.com 」「.fatale」などに関わる。猫×クリエイターをテーマにしたWEBマガジン「ilove.cat」主宰。

  • 深井晃子 

    深井晃子

    キュレーター
    服飾研究家

    京都服飾文化研究財団理事、チーフキュレーター。1979年よりKCIで学芸部門の仕事に関わる。1990年よりチーフ・キュレーターとして収集、保存、研究、公開などの学芸全般の活動を統括する。1996年理事に就任。2008年、西欧服飾の研究者として活躍し、なかでもファッションにおけるジャポニスム研究の第一人者として、我が国の服飾界の発展に貢献したことが評され、文化庁長官表彰を受賞。