インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

蓮沼執太

音楽家

藪前知子

東京都現代美術館 学芸員

今回のインタビュアーは、CDリリースやソロパフォーマンス、「蓮沼執太フィル/チーム」などチーム編成によるライブ、映画や舞台の音楽制作など幅広い分野で活躍する音楽家の蓮沼執太さん。そんな蓮沼さんがインタビュー相手に指名したのは、東京都現代美術館でキュレーターを務める藪前知子さん。日本を代表するアーティストのひとりである大竹伸朗さんの大規模個展「大竹伸朗 全景 1955-2006」などを担当した藪前さんに、同美術館で作品発表などをした経験も持つ蓮沼さんが聞きたいこととは?

※このインタビューは、雑誌「QUOTATION」との共同コンテンツです。8月24日発売の『STYLESIGHT by FASHION FREAK with QUOTATION』VOL.4の誌面でもダイジェスト版をご覧になれます。

1. なぜ美術館の学芸員になったのですか?

藪前知子 

留学なども考えたのですが、大学院の先生から現場が向いていると言われ、美術館でアルバイトをするようになったのがきっかけですね。

Q.藪前さんがいまの仕事に就いた理由は何だったんですか?

藪前:恥ずかしい話ですが、特に何かを選んだわけでもなく、流されて来てしまった感が強いんですよね(笑)。とりあえず好きなことをやっていたらいつの間にかこうなっていたというか。父親が建築をやっていたので、小さい頃から美術などに触れる機会は多くて、画家の先生の家に絵を習いに通ったりとか。中学からは一貫校に入ったので、エスカレーター式に大学院まで進んでしまったんですね。もともと好きだったので美術史の勉強をしていたのですが、そうするとその後の道は、学芸員か研究者というところになってくる。留学なども考えたのですが、大学院の先生から現場が向いていると言われ、この美術館でアルバイトをするようになったのがきっかけですね。

Q.僕も大学の頃、ここのミュージアムショップでバイトしていたんですよ。

藪前:そうみたいですね(笑)。蓮沼くんは音大出身なんですか?

Q. いや、僕は普通の大学で環境学の勉強をしていました。その頃から音楽は好きでしたが、自分ではやってなかったし、バンドなども組んだことはないんです。

藪前:音楽的な素養はどこで得たのですか?

Q.幼稚園の頃に音楽教室でピアノを習っていたことと、家にエレクトーンがあって、暇な時に遊んでリズムを作ったりしていたことくらいですかね。あとは、聴きながら覚えていった感じだと思います。…いつの間にか僕がインタビューされてますね(笑)。藪前さんはインタビューする側になることが結構多いみたいですね。

藪前:そうですね。最近は、ギャラリーなどのアーティストトークに聞き役で呼ばれることが多いですね。割と親切にフォローしていく方なので、合っているのかもしれません。子育て中だから母性も強いですし(笑)。

Q.美術史を研究していたり、展覧会のキュレーションをしている藪前さんに、批評的な観点で話を聞いてほしいという作家側の希望もあるんじゃないですかね。僕自身も舞台からファッションショー、映画まで色々な音楽をやっていて、そういう活動全体を批評的な観点で見てくれる人はあまりいないので、藪前さんのような人に言葉にしてほしいという思いはあります。

藪前:基本的に私がやっていることは、作家さんの頭の中にあるものを目に見える形にしたり、社会につないだりする仕事だと思っています。あくまでも黒子なんですね。テーマを立てて作家を招待して展覧会を作るという、ある点では特権的な立場について、常に自覚的にあらねばという思いが、私の中には強くあるかもしれません。だから、こういうインタビューでもなるべく自分が前に出るべきではないと思う、控えめな人間です (笑)。社会にとって蓮沼くんの言葉は重要だと思うから、それを浮かび上がらせるイタコみたいなマインドがしみついているんだなと、こうした場で改めて感じています(笑)。<続く>

インフォメーション

藪前知子さんは現在、シンガポール国立大学美術館で2013年1月19日-4月21日に開催される国際交流基金との共催展「Omnilogue: Your Voice is Mine」を準備中。 蓮沼執太フィル初のツアー『蓮沼執太フィル|シーシーウー・セカンド・ツアー』が開催。9月8日京都printz、9日愛知芸術文化センター、10日東京リキッドルームの3公演が予定されている。また、2013年2月にはアサヒ・アートスクエアで個展を開催予定。

もっと知りたい人は…

  • 蓮沼執太 

    蓮沼執太

    音楽家

    1983年東京生まれ。「蓮沼執太フィル/チーム」を組織し、国内外のコンサート公演、展示作品の発表、舞台作品を制作する。エッセイなどの文章寄稿も多数。映画、展覧会、CF音楽、舞台芸術、ファッションとあらゆるジャンルとのコラボレーションを展開する。また自ら企画・構成をおこなう音楽祭「ミュージック・トゥデイ」を主催。主な展覧会に「have a go at flying from music part3」(東京都現代美術館|ブルームバーグ・パヴィリオン)、舞台作品「TIME|タイム」(神奈川芸術劇場)、最新アルバムに4枚組CD「CC OO|シーシーウー」(HEADZ/UNKNOWNMIX)がある。

  • 藪前知子 

    藪前知子

    東京都現代美術館 学芸員

    1974年東京生まれ。主な担当企画に「大竹伸朗 全景 1955-2006」(2006)、MOTコレクション「夏の遊び場 特集展示 伊藤存+金氏徹平」「特集展示 岡﨑乾二郎」(ともに2009)、「Plastic Memories - いまを照らす方法」、「入口はこちら なにがみえる?」(ともに2010)、「特集展示 石田尚志」(2011)など。共著に『クラシック・モダン 1930年代日本の美術』(2004/せりか書房)など。『美術手帖』ほかで現代美術についての寄稿多数。