インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

橋詰 宗

デザイナー

間口一就

バー「ロックフィッシュ」店主

今回インタビュアーとして登場するのは、デザイナーの橋詰宗さん。グラフィック・デザインやアートディレクション、ウェブデザインなどの枠にとどまらず、ワークショップやイベントなど、デザイン/編集的な視点から、さまざまな人、コト、モノをつなげる場づくりにも積極的に取り組んでいる彼が、話を聞きたい人として名前を挙げてくれたのは、銀座のバー「ロックフィッシュ」の店主・間口一就さん。特製ハイボールと、独創的なつまみで人気を集めるバーを営む傍ら、ご自身の著作も出されている間口さんに、橋詰さんが聞きたいこととは?

1. なぜバーの店主になったのですか?

間口一就 

お酒にも興味はあったし、高校生の時にトム・クルーズの『カクテル』を見て、こんなにモテるのかと思って(笑)。

Q.間口さんがバーの経営に興味を持ったきっかけは何だったのですか?

間口:バーというよりは飲食店に興味があったんです。高校を卒業する頃から、将来特に働きたいところもないだろうから、気軽に飲食でもしようかなと思うようになったんですね。そして、大学の頃にたまたま見つかったのが、バーだったんです。お酒にも興味はあったし、高校生の時にトム・クルーズの『カクテル』を見て、こんなにモテるのかと思って(笑)。現実は全く違いましたけどね(笑)。何も分からないまま暗中模索で進んで来た結果、なんとなくこういうゾーンに行き着いたという感じです。

Q.自分のお店を始めるまでのいきさつを教えて下さい。

間口:ある時からバーでアルバイトをするようになったんですが、はじめの頃は自分で料理を作ったり、お客さんと話したりすることがイヤだったんです。いまは表に立っているように見えるかもしれませんが、基本的に好きなのは裏方の仕事なんですね。だから、その当時も先輩たちが動きやすいように、準備や片づけ、ドリンクの提供などをするというのが自分の仕事でした。その後、2000年に大阪でロックフィッシュという同名のバーを出し、2002年には東京にも出店し、しばらく並行してやっていたのですが、4年前に大阪の方は閉店して、現在に至ります。

Q.東京に来てから変わったことは何かありましたか?

間口:大阪だと、どんな話をしていても、誰がどんなオチをつけるのかということを考えながら喋るんですね(笑)。常にオチのタイミングを考えているし、オトした人間が店の主人よりも偉くなれる(笑)。大阪にいた頃は、ある程度やっていくうちに、これもサービスだと思うようになって、色々喋っていたんです。でも、東京にはそういう文化がまったくなくて、逆にしつこいサービスと思われてしまう。だから東京では、喋らなくてもいい接客をしていくことにしたんです。バーに行く理由は、そのお店のマスターやスタッフに会いたいからという人が多いと思いますが、自分は喋らない接客をして、それでも人が集まる空間を作ろうと。

Q.僕も関西圏のバーに行くことはありますが、ソーシャルな場という印象が強いですよね。一方で東京のバーには、もっとプライベートな空間というイメージがあります。

間口:そうですね。東京ではその場にいて、ただお客さんの話を聞くという接客の方が合っているんじゃないかと気づいたんです。あと、喋っていると自分の手が止まってしまうんですよね。特に昔はひとりでやっていたから、人がいっぱいになった時に、お客さんと個別に喋っていられないんです。そういうこともあって、「このバーのマスターは喋らない」という暗黙の了解とコミュニケーションができていったんです。<続く>

インフォメーション

間口一就さんによる最新刊『銀座「ロックフィッシュ」間口一就の麺々エブリデイ!』は、辰巳出版より発売中。
橋詰宗さんは、2012年10月から2013年3月まで東京・SHIBAURA HOUSEで開催される、「日常」と「実践」をテーマにした新しいクリティカルスタジオ「HUMAN PRACTICE」のメインモデレーターを担当。また、期間中の土曜日の夕方から不定期にHUMAN PRACTICE参加チューターなどによるイベント・ワークショップを1Fカフェ・バースペースにて開催予定。

もっと知りたい人は…

  • 橋詰 宗 

    橋詰 宗

    デザイナー

    1978年広島県生まれ。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。英国ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA) コミュニケーションアート&デザイン修士課程修了。さまざまな領域のアートディレクション、ブックデ ザイン、ウェブデザイン等を手掛ける一方、『D♥Y』『HUMAN PRACTICE』『何に着目すべきか?』『紙と束見本』『(   )も(   )も(   )も 展』など実践と着目点をコンセプトにしたワークショップ、スクールや展覧会ディレクションを手がける。

  • 間口一就 

    間口一就

    バー「ロックフィッシュ」店主

    銀座「ロックフィッシュ」店主。愛媛出身。2002年に東京・銀座に進出。ハイボールブームの火つけ役で、看板メニューは氷を入れない「角ハイボール」。また、身近な材料や缶詰を使って簡単で「あっ! 」と言わせるようなおつまみやオリジナルレシピの開発に励んでいる。著書に『バーの主人がこっそり教える味なつまみ』、『バーの主人がこっそり教える甘いつまみ』(柴田書店)、『缶つまデラックス』(世界文化社)がある。