インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

橋詰 宗

デザイナー

江村幸紀

レコードレーベル・オーナー
エム・レコード

カンバセーションズには2度目の登場となるデザイナーの橋詰 宗さん。前回インタビューした銀座のバー「ロックフィッシュ」の店主・間口一就さんから一転、今回彼がインタビュー相手として指名したのは、大阪を拠点に活動するレコードレーベル「エム・レコード」のオーナー、江村幸紀さん。ジャンルを問わず、自らの琴線に触れる古今東西の音楽を世界に向けて発信し、コアな音楽ファンの心を掴んで離さない江村さんのこだわりに、橋詰さんが迫ります。
大阪出張取材でのインタビュー記事などをまとめた特設サイト「QONVERSATIONS TRIP OSAKA」がオープン!! ぜひこちらからご覧ください!

1. どんな基準でリリースしているのですか?

江村幸紀 

自分からは言わないようにしているんです(笑)。あれこれ説明するのは無粋だし、言わない方が謎解きみたいで楽しいんじゃないかと。

Q.エム・レコードさんのことを意識するようになったのは、2005年前後なんですね。それまでは、アーティスト名やジャケットなどでレコードを選んでいたのですが、エム・レコードさんのリリースするレコードは、レコード店で読む推薦文や中のライナーがとても魅力的だったんです。例えば、この音楽が生まれた背景には、◯◯年代のこういう活動があるというようなことが書かれていて、音楽の入り方として新しい感覚と関心を覚えたんです。

江村:2005年くらいと言うと、ちょうど大きな出来事があった後の話ですね。もともと私がレーベルを始めたのは98年なんです。初期の頃は売るための音楽と自分の趣味が分離しているところがあって、商売で得たいくばくかの利益で自分の好きなものを楽しんでいる感じでした。でも、10年ほど前に大きな交通事故に遭ってしまい、死にかけたんですよ。集中治療をしてなんとか生き残ったんですが、死を目の前にして気づきがあって、それこそいつ死ぬかわからないんだから、自分がもっと気持ちを込められるものを出す方がいいだろうと。それからはずっと同じスタンスでやっています。

Q.これまでリリースしてきた音源を拝見していると、ジャンルを縦割りで見ていくのではなく、音楽というものを横断的に捉えているように感じがして、とても興味深いです。リリースの順序や時期などには何か基準があるのですか?

江村:2005年以降のラインナップに限って言うなら、かなり明確な意思表示をしています。意外とそれに気づかれないところがあるのですが、自分からは言わないようにしているんです(笑)。しいて挙げるなら、会社にすることもなく個人でレーベルを運営していて、その一個人がどこまでできるかを追求しているということでしょうか。また、私が音楽が好きで、レコードをずっと買って聴いている人間だということにも関係していると思います。あれこれ説明するのは無粋だし、言わない方が謎解きみたいで楽しいんじゃないかと思っているのですが、音楽をジャンルで楽しんでいる方が多いから、これだけ大きな動機があっても気づかれないのかもしれないですね。

橋詰さんが開催しているイベント「何に着目すべきか?」。 橋詰さんが開催しているイベント「何に着目すべきか?」。

Q.僕が定期的に開催している「何に着目すべきか?」というイベントがあるのですが、とある回には参加者が自分の興味や物の考え方を代弁してくれるような本を持ち寄り、それについて飲みながら話すということをしたんです。例えば、ある人が一冊の本の紹介をすると、それを受けて、また別の人が『同じ時代にはこんな音楽もあって…』と話を続けていく。そうやって違う分野の人同士が、ある種ハプニング的に出会い、垣根を越えてコミュニケーションをするという場を日常に作りたいという思いがあるのですが、話がジャンルを横断して広がっていくことで、ひとつの時代性のようなものも見えてきて興味深いんです。

江村:音楽の場合は、ロックやジャズ、ワールドミュージックなど縦割りで区切られていることがほとんどなんですね。違うジャンルの人同士が膝を付き合わせて話すということがないから専門的なことになりがちだし、本などにしてもそういう視点で書かれているものが多い。でも、例えば1965年にはどんなことがあって、ロック、ジャズ、ラテンそれぞれのジャンルで何がヒットしていたかということを見ていくと、音楽がまた違って聴こえてくるということはたしかですよね。<続く>

インフォメーション

日本が世界に誇るポストパンク・バンド、サボテンの作品が2枚組LPとして、エム・レコードより6月発売予定。その他にも、ブレンダ・レイのNaffi Sandwich名義のコレクション、フィニス・アフリカエの12インチ、ノー・ライト・ターンをはじめ、年内にさまざまな作品のリリースが予定されている。詳細はエム・レコードのWebサイトにて。
6月11日発売の雑誌「アイデア」にて、16ページにわたる橋詰 宗さんの特集「デザインあの手この手ー橋詰宗とその実践」が掲載予定。

もっと知りたい人は…

  • 橋詰 宗 

    橋詰 宗

    デザイナー

    1978年広島県生まれ。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。英国ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA) コミュニケーションアート&デザイン修士課程修了。さまざまな領域のアートディレクション、ブックデ ザイン、ウェブデザイン等を手掛ける一方、『D♥Y』『HUMAN PRACTICE』『何に着目すべきか?』『紙と束見本』『(   )も(   )も(   )も 展』など実践と着目点をコンセプトにしたワークショップ、スクールや展覧会ディレクションを手がける。

  • 江村幸紀 

    江村幸紀

    レコードレーベル・オーナー
    エム・レコード

    1970年生まれ。98年にエム・レコードを立ち上げて以来、大阪を拠点にレコードレーベルを運営。「聴いて、見て、読んで楽しむというエンターテイメントをひとつのソフトに封じ込める」ことを掲げ、作品の制作を続けている。