インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

長谷川踏太

クリエイティブディレクター

渡辺 明

棋士

今回インタビュアーとしてカンバセーションズに初登場するのは、イギリスを拠点にするクリエイター集団tomatoのメンバーとして世界的に名を馳せ、現在はワイデン+ケネディ東京のエグゼクティブ・クリエイティブディレクターとして、広告を中心にさまざまな分野のデザインを手がけている長谷川踏太さん。そんな長谷川さんがインタビュー相手に指名したのは、15歳でプロデビューし、弱冠20歳で将棋界のビッグタイトル・竜王位を獲得した天才棋士・渡辺明さんです。一見意外にも思える組み合わせですが、将棋界の未来を担う渡辺さんに、長谷川さんがいま聞きたいこととは果たして?

2. 他人の戦法を盗んでもいいんですか?

渡辺 明 

それが普通です。新しい手が出てきて、それが成功すると当然みんながなぞるんですけど、その手に対抗する手を考えられれば、同じような手を指してくる人たちに勝てるわけです。

Q.最近の将棋の世界では、最新の戦術をひとりで研究するというよりも、将棋界全体で演算しているような感じなんですね。

渡辺:そうですね。いま現役のプロ棋士は百数十人いて、その下には棋士を目指して修行をしている若手たちによる奨励会という機関があるのですが、その中で良い手が常に精査されているんです。当然昔も同じように検証はされていたんですが、ネットが導入されてからは一気にスピードが早まりました。これまでの将棋は、その日その場で勝負するという感覚も結構強かったんですが、これだけデータベースが充実している現代の将棋では、事前段階の準備の比重が凄く高まっていますね。

Q.最近デザインの世界では、良いクリエイティブが出ると、ネットを通してすぐに広まり、みんなが似たような表現に走り、エスカレートすると「誰々のアイデアをパクった」という話になってネット上で炎上することもあるんです。将棋の世界では、誰かが考えた手を真似することは問題にならないんですか?

渡辺:いや、むしろそれが普通ですね。なかにはそういう情報を仕入れることをしない人もいるんですけど、例えば1週間前に行われた将棋と全く同じ局面をなぞって、その通りに負けてしまうというケースもありますよ。また、新しい手が出てきて、それが成功すると当然みんながなぞるんですけど、もし仮にその手に対抗する手を自分が考えられれば、同じような手を指してくる人たちに、待ってましたとばかりに勝てるわけですよね。さらにその対策の対策をまた誰かが考えて…ということが繰り返されているんです。昔からずっとその繰り返しではあるんですが、そのスピードは飛躍的に早まっていますね。

Q.誰かが考えた新しい手を他の人がさらに改良していくというのは、かなりオープンソースに近い考え方と言えますね。

渡辺:そうですね。それを勝負にどう使っていくかは人それぞれなんですけど、解明していくという部分に関してはみんな同じ方向を向いています。ただ、近年は掘り下げていける部分がどんどん減ってきているのはたしかですね。特に、精査の速度が一気に速まったここ10年くらいの間に解明してきた部分というのは、それなりの精度で掘られてきていると思うんです。ただ、30年くらい前にある程度定跡が作られてきた部分というのは、いまほどの精度では掘れていなかった可能性があって、そこを改めて掘り起こしてみることで新しい手が見つかるということはまだあるかもしれないですね。

Q.新しい世代の棋士の方が、過去の棋士たちよりも強くなっているんですか?

渡辺:例えば、いま僕が話したように、30年後のトップ棋士たちは、00年から10年にかけての研究の精度はまだ低かったかもしれないと考えると思うんですよ。基本的に技術というのは積み重なっていくものなので、平均値としてはやっぱり後発組の方が強いんですよ。<続く>

もっと知りたい人は…

  • 長谷川踏太 

    長谷川踏太

    クリエイティブディレクター

    1972年東京生まれ。1997年ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA)修士課程修了。その後、ソニー株式会社デザインセンター、ソニーCSLインタラクションラボ勤務などを経て、2000年ロンドンに本拠を置くクリエイティブ集団tomatoに所属。インタラクティブ広告から創作落語まで、そのアウトプットは多岐にわたる。2011年よりワイデン+ケネディ トウキョウのエグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターに就任。

  • 渡辺 明 

    渡辺 明

    棋士

    1984年東京生まれ。1994年第19回小学生名人戦で優勝し、同年6級で所司和晴七段門。2000年4月四段(史上4人目の中学生棋士)、2005年11月九段(史上最年少記録)。2004年第17期竜王戦で初タイトル獲得。2008年第21期竜王戦で5連覇。初代永世竜王の資格を得る。2011年第59期王座戦でタイトルを奪取し初の二冠に。第25期竜王戦で9連覇達成。