インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

萩原俊矢

ウェブデザイナー

須藤健一

国立民族学博物館 館長
文化人類学者

今回インタビュアーを務めてくれるのは、「カンバセーションズ」のサイトデザインを手がけるcookedのメンバーであり、普段はフリーランスのWebデザイナー/プログラマーとして活動している萩原俊矢さん。単独では初めてのカンバセーションズ参加となる萩原さんが、”いま話を聞きたい人”として挙げてくれたのは、大阪・国立民族学博物館(通称:みんぱく)の館長で、文化人類学者の須藤健一さん。インターネット時代における新たなリアリティの在り方に着目する「インターネット・リアリティ研究会(ICC)」にも名を連ねる萩原さんが、独自の視点で文化人類学/民族学の核心に迫ります。

1. 研究を始めたきっかけは何ですか?

須藤健一 

太平洋地域や台湾などには、女性の血のつながりによって家族が作られたり、土地が相続されていく母系社会というものがあります。すでに台湾を研究している人はいたので、自分は太平洋に行ってみたいなと。

Q.須藤館長はオセアニア研究が専門ということですが、どんなきっかけでリサーチをするようになったのですか?

須藤:1970年に大阪万博が開催され、その跡地に世界中の人々の生活用具、彫像や仮面など民族資料を集めた博物館を作ろうというところから「みんぱく」が生まれたわけですが、その時に若手の研究者たちが世界中に派遣されたんですね。その5年後、沖縄の本土復帰を記念した「沖縄国際海洋博覧会」というものが75年に開催されることになったんです。私は太平洋地域の人々の生活文化を伝えるという目的でスタートしたこのプロジェクトに携わることになって初めて行った海外が、ヤップやチュークなどの島々でした。そこで半年近く現地の人たちと生活を共にしながらフィールドワークをして、人間とモノの関係性を押さえた上で、海に暮らす人々の文化を「海洋博」で展示するということをしたんです。

Q.世界にはさまざまな地域や民族があるなかで、オセアニアに興味をも持った特別な理由はあったのですか?

須藤:日本には、長男が跡継ぎをする家父長制度がありますが、太平洋地域や台湾などには、女性の血のつながりによって家族が作られたり、土地が相続されていく母系社会というものがあります。すでに台湾を研究している人はいたので、自分は太平洋に行ってみたいなと。現地では、島の男がすることをひと通り一緒に経験して、ホームステイ先では長老から家族の系譜や歴史などを聞きました。母系社会では、父親は自分の子供に決して手を出してはいけないから、子供のしつけをするのは母親のお兄さん、つまり母方のおじさんなんですね。女性は財産や家庭を守る存在なのですが、母系社会の中でも日常的に力を持つのは結局男性なんです。そこでわかったことは、子供を生めない男性というのは生物学上弱い存在で、だからこそ自分たちで制度を作って権力を主張したり、威張るしかなかったという人類の歴史があるんだということでした。

Q.交通や技術が発達し、色んなやり取りが簡易的になるなかで、フィールドワークのあり方や、現地の人たちとのコミュニケーションは変化しているのですか?

須藤:現地に身を置くという基本は変わりませんが、最近は、これからの地球はどうあるべきか、どういう生活をしていくべきかということを現地の人たちと議論するようなコミュニケーションも生まれています。グローバル化の流れで携帯電話などは世界の隅々まで行き届いていますよね。でも、私がフィールドワークをしてきたような島の人たちは、外から来たものをすべて受け入れて迎合するということは絶対にしないんです。自分たちの知っている生活や、祖先から受け継いできた知識や技術を慎重に守りながら、便利なものも受け入れている。多くの日本人はもはや薪で風呂を炊くことはできないけど、彼らにはそれができるんです。それができる間は絶対にこっちに来てはダメだよ、外来の新しい依存してはいけないよという話をするんですが、彼らもそれはわかっているんです。新しいものと古いものをコントロールしている彼らの生活を見るとホッとするし、人間の欲望や利便性の追求というのは、そろそろ何とかしないといけないなと思ったりしますよね。<続く>

インフォメーション

12月3日まで「渋沢敬三記念事業 屋根裏部屋の博物館 Attic Museum」展が国立民族学博物館 特別展示館にて、11月26日まで「台湾平埔族の歴史と文化」展が本館 企画展示場Aにて開催中。

もっと知りたい人は…

  • 萩原俊矢 

    萩原俊矢

    ウェブデザイナー

    1984年生まれ。ウェブデザイナー。2012年、セミトランスペアレント・デザインを経てセミ・セリフを設立。ウェブデザイン、ネットアートの分野を中心に幅広く活動し、同時にデザインと編集の集団クックトゥや、flapper3としても活動している。CBCNETエディター。IDPW正式会員として第16回文化庁メディア芸術祭エンターテイメント部門新人賞を受賞。

  • 須藤健一 

    須藤健一

    国立民族学博物館 館長
    文化人類学者

    新潟県佐渡市生まれ。埼玉大学教養学部卒業、75年9月に東京都立大学大学院社会科学研究科博士課程中退、文学博士。国立民族学博物館助手、助教授を経て、93年4月から神戸大学国際文化学部教授、同大学院国際文化学研究科教授、附属図書館長等を歴任。09年4月から国立民族学博物館館長。アジア・オセアニア地域を対象に社会人類学を専攻。主著書に『母系社会の構造』(紀伊國屋書店)、『オセアニアの人類学』(風響社)など。