インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

QONVERSATIONS > FOCUS > YCAM meets QONVERSATIONS

西 翼

山口情報芸術センター[YCAM]アシスタントキュレーター

河口 隆

アワセルブス 代表取締役

インタビュアーを担当する西 翼さんは、2012年よりYCAMのさまざまな展示や研究開発プログラムなどを手がけてきたキュレーター。その西さんが今回インタビューするのは、メディアテクノロジーを用いた新しいスポーツの創作を目指すイベントとして、今年の12月にYCAMで開催される「スポーツハッカソン」で協働している「アワセルブス」の代表・河口隆さんです。2013年にYCAM10周年記念事業の公募作品として開発された「スポーツタイムマシン」に関わるなど以前からYCAMとの接点を持ち、先日「アワセルブス」が位置する山口市中心商店街の一角に本格オープンしたファブラボ山口の運営も手がける河口さんに、西さんがいま話を聞きたいこととは?

2. どんなことにモチベーションを感じますか?

河口 隆 

自分自身が驚きたいという思いがあり、そうした出来事が目の前で起こるような、予定調和に収まらないシチュエーションをつくりたいんです。

Q.仕事とは別に、Ustreamを配信したり、ワークショップやイベントなどをされていた背景には、どんなモチベーションがあったのですか?

河口:もともと新しい関係性をつくることや、場を円滑に回すスキルというものに興味があり、ワークショップの運営やファシリテーションなどについて勉強していた時期があったんです。それを実践してみたいという興味からイベントなどをしていたところがありましたし、もともと私は既製のものが好きではなかったということもあると思います。既成の考え方ややり方に収まることは非常に楽ですが、やはりそれだけでは面白くないし、既視感があるものが嫌いなんです。自分自身が驚きたいという思いがあり、そうした出来事が目の前で起こるような、予定調和に収まらないシチュエーションをつくりたいという考えが根底にあるのだと思います。

犬飼博士+安藤僚子「スポーツタイムマシン」(2013) 犬飼博士+安藤僚子「スポーツタイムマシン」(2013) 犬飼博士+安藤僚子「スポーツタイムマシン」(2013)

Q.河口さんがYCAMと本格的につながりを持つようになったのは、2013年のスポーツタイムマシンからになりますか?

河口:そうですね。YCAMのスタッフの方が個人的にやられているイベントなどにはちょくちょく顔を出していたのですが、本格的にYCAMの事業に関わるようになったのは2013年頃からです。当時、eスポーツを提唱しているゲームクリエイターの犬飼博士さんとデザイナーの安藤遼子さんがYCAMに来ていて、先ほど話したMACで市民の人たちに向けて、自分たちがしようとしていることをプレゼンし、協力者を募っていたそうなんです。その場に私はいなかったのですが、プログラムが書けて、Ustream配信もできる人を探していたそうで、それなら河口くんがいいんじゃないかという話になったらしく、翌日犬飼さんから電話がかかってきたんです。

Q.スポーツタイムマシンの時は、コーディネーターという肩書きでクレジットされていましたね。

河口:はい。最初に犬飼さんとお会いした時に、凄い勢いでやりたいことをお話しされているのを聞き、これは関わったら面白そうだなと感じたので、プログラムを組める人をはじめ、さまざまな人たちを自分が探すことになりました。すでにイベントや勉強会を通してネットワークができていたので、そういう人たちにプロジェクトの話をしたところ、案の定何人かが反応してくれ、その人たちがコアメンバーになりました。何かのテーマやネタがあった時に、それを投げる先があると仕事の上でも生きてきますし、もともとプログラマーやミュージシャン、主婦など、普段関わることがないクラスタ同士をつないでいくということを意識してやっているところがありますね。

インフォメーション

アスリートとプログラマーなどがコラボレーションすることで生まれる新しいスポーツを開発する『スポーツハッカソン』が、12月11日から13日まで山口情報芸術センター[YCAM] スタジオAで開催。
アワセルブズが運営するFabLab Yamaguchi β オープンラボが開催中(予約不要/利用無料)。オープン時間は、月曜9:00~12:30、金・日曜11:00~18:00、第1火曜17:30~21:00。お問い合わせは、fablabyamaguchi@gmail.comまで。

もっと知りたい人は…

  • 西 翼 

    西 翼

    山口情報芸術センター[YCAM]アシスタントキュレーター

    キュレーター。1983年生まれ。和歌山県出身。多摩美術大学大学院美術研究科博士前期課程芸術学専攻修了。2012年から山口情報芸術センター[YCAM]で勤務。YCAMでは、池田亮司「supersymmetry」(2014年)をはじめとする展覧会企画を中心に、「Reactor for Awareness in Motion」などの研究開発プロジェクト、それらに付随する普及プログラムなどを担当している。

  • 河口 隆 

    河口 隆

    アワセルブス 代表取締役

    1976年大寒生まれ。倉庫番、中学校講師、営業職、SEなどを経て2011年冬に独立。業務提案からITトレンドまで、広く浅い知識でカバーするゼネラリスト志向エンジニア。2013年夏、YCAM10周年企画「LIFE by MEDIA」で、犬飼博士+安藤僚子と制作した『スポーツタイムマシン』が、第17回文化庁メディア芸術祭エンターテイメント部門優秀賞を受賞。2015年春、山口市米屋町商店街に「FabLab Yamaguchi β」を設立。好きなパンダはレッサー。