インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

QONVERSATIONS > FOCUS > YCAM meets QONVERSATIONS

西 翼

山口情報芸術センター[YCAM]アシスタントキュレーター

河口 隆

アワセルブス 代表取締役

インタビュアーを担当する西 翼さんは、2012年よりYCAMのさまざまな展示や研究開発プログラムなどを手がけてきたキュレーター。その西さんが今回インタビューするのは、メディアテクノロジーを用いた新しいスポーツの創作を目指すイベントとして、今年の12月にYCAMで開催される「スポーツハッカソン」で協働している「アワセルブス」の代表・河口隆さんです。2013年にYCAM10周年記念事業の公募作品として開発された「スポーツタイムマシン」に関わるなど以前からYCAMとの接点を持ち、先日「アワセルブス」が位置する山口市中心商店街の一角に本格オープンしたファブラボ山口の運営も手がける河口さんに、西さんがいま話を聞きたいこととは?

1. これまでにどんな仕事をしてきましたか?

河口 隆 

私は25歳くらいからシステム系の仕事をしていたのですが、35歳で「これからは余生のつもりで暮らそう」と思い、アワセルブスという屋号で独立することにしました。

Q.河口さんと初めてお会いしたのは、僕がYCAMにインターンで来ていた2010年頃で、前町アートセンター(MAC)というオルタナティブスペースで開催されていたイベントでしたよね。当時は、どういう経緯でMACに行かれていたのですか?

河口:当時MACに住んでいた会田大也さんはもともと気になる存在で、MACに行くようになる前に会田さんがやっていた主婦向けのワークショップに顔を出したことがきっかけでした。当時私は会社員だったのですが、仕事が暇で、どうせならサラリーマンが踏み込めない領域に行ってみようと思っていたんです。ちょうどそのワークショップの企画者が大学時代のバンド仲間だったこともあり、参加することにしました。

Q.当時勤めていたのはどんな会社だったのですか?

河口::新しい会社を立ち上げるからと言われて誘われたところだったのですが、当初は私がリーダーになり、6人くらいのプログラマーが入ってくるという話でした。彼らを雇えるような案件をこれから取ってくるからと言われ、とりあえずPCが6台置かれた部屋に座って、これから仕事が来るものだとばかり思って待っていたんです。ところが、数ヶ月経っても音沙汰がない状態で、結局1年半ほどいたのですがひとつも仕事をすることなく、その事務所をたたむことになりました。そして、「君はまだ若いから再就職もできるだろう」と言われ、35歳にして仕事がなくなったんです。私は25歳くらいからシステム系の仕事をしていたのですが、プログラマーには35歳定年説というのがあり、要は年を取ると新しい技術が覚えられなくなるから、技術者としてはそこが定年という話です。そこで「これからは余生のつもりで暮らそう」と思い、アワセルブスという屋号で独立することにしました。

Q.:独立されてからは、それまでとは違う仕事をするようになったのですか?

河口:そうですね。会社員の時は、在庫管理や会計のシステムなどをつくっていたのですが、当時はGoogleが実施していた20%ルールというものが注目されていて、私もそれを勝手に自分に課し、仕事の合間にWeb制作の勉強をしていたんですね。そのおかげで、独立してからはWebサイト制作などの仕事をするようになりました。また、せっかく独立したのだから会社員にはできないことをしようと思い、事務所でワークショップや勉強会を開催したり、さらに、毎週火曜日をオフィスの開放日にして、一日仕事をせず、Ustreamで事務所の様子を配信し、Twitterで「誰でも来ていいですよ」と呼びかけたりしていました。そうすると不思議と知らない人なんかもやって来て、一緒に話をしたりして一日ダラダラ過ごすというようなことを2年ほど続けていました。<続く>

インフォメーション

アスリートとプログラマーなどがコラボレーションすることで生まれる新しいスポーツを開発する『スポーツハッカソン』が、12月11日から13日まで山口情報芸術センター[YCAM] スタジオAで開催。
アワセルブズが運営するFabLab Yamaguchi β オープンラボが開催中(予約不要/利用無料)。オープン時間は、月曜9:00~12:30、金・日曜11:00~18:00、第1火曜17:30~21:00。お問い合わせは、fablabyamaguchi@gmail.comまで。

もっと知りたい人は…

  • 西 翼 

    西 翼

    山口情報芸術センター[YCAM]アシスタントキュレーター

    キュレーター。1983年生まれ。和歌山県出身。多摩美術大学大学院美術研究科博士前期課程芸術学専攻修了。2012年から山口情報芸術センター[YCAM]で勤務。YCAMでは、池田亮司「supersymmetry」(2014年)をはじめとする展覧会企画を中心に、「Reactor for Awareness in Motion」などの研究開発プロジェクト、それらに付随する普及プログラムなどを担当している。

  • 河口 隆 

    河口 隆

    アワセルブス 代表取締役

    1976年大寒生まれ。倉庫番、中学校講師、営業職、SEなどを経て2011年冬に独立。業務提案からITトレンドまで、広く浅い知識でカバーするゼネラリスト志向エンジニア。2013年夏、YCAM10周年企画「LIFE by MEDIA」で、犬飼博士+安藤僚子と制作した『スポーツタイムマシン』が、第17回文化庁メディア芸術祭エンターテイメント部門優秀賞を受賞。2015年春、山口市米屋町商店街に「FabLab Yamaguchi β」を設立。好きなパンダはレッサー。