インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

えぐちりか

アーティスト
アートディレクター

田中杏子

「Numéro TOKYO」編集長

えぐちりかさんは、電通のアートディレクターとして働く傍ら、アーティストとしても個性あふれる作品を発表し続けているいま最注目のクリエイター。一昨年にはお子さんが産まれ、現在は子育てをしながら仕事をしている彼女が今回インタビューするのは、ファッション雑誌「Numéro TOKYO」編集長の田中杏子さん。人気俳優からアスリートまで話題のセレブリティたちを独自の視点で切り取る企画や、国内外のトップクリエイターたちによるカッティングエッジな誌面作りで他の雑誌と一線を画している同誌の編集長を創刊から務めながら、すでに5歳になるお子さんを持つ田中さんに、仕事や子育てのことについて聞いてきました。

Photo:田川友彦

5. 一番うれしかった褒め言葉は何ですか?

田中杏子 

保育園に行くと、子どもたちが集まってきて、私がつけているアクセサリーをカワイイって言ってくれるんですね。こんなちっちゃな子どもたちのハートを掴めてるのかなって思うと、なんかうれしくなったりするんですよね。

Q.今後の夢や、まだやり切れていないと思うことはありますか?

田中:私の中では「Numéro TOKYO」がまだやり切れた感じがしないんです。これが私の中で満足できた時に初めて、次が考えられるんじゃないかなと思っています。ただ、もう少し日本のファッションがインターナショナルなところに行ければいいなと思っていて、その中でもこの人は外せないというグローバルなポジションに自分がいれたらいいなという思いはあります。それがもしかしたら、私が次に目指すステージなのかもしれません。

Q.杏子さんはこれまでにもらった褒め言葉で、一番うれしかったものって覚えていますか? 私は、こないだ受けたインタビューでそういう質問をされたんです。その褒め言葉というのが、自分が目指すところだったり、周りからそう思われたいと思っていることなのかなって感じたんですね。

田中:えぐちさんはどんな褒め言葉がうれしかったんですか?

e.m.とえぐちりかさんのコラボレーション・アクセ「ジュエルの花園」。

Q.超恥ずかしいし、どうでもいいようなことなんですけど(笑)、以前にトークイベントに出た時に書いてもらったアンケートで、ひとりだけ「きれい」と書いてくれた人がいたんです。感想を書けと言われて、きっとみんな仕事のこととかを一生懸命褒めてくれたりしたと思うんですけど、私としてはその言葉が一番うれしかったし、がんばろうと思ったんですよ。お世辞が入っていると分かっているし、その一言にいまは全然追いついていないけど、そう思ってもらえたらうれしいなっていう。恥ずかしさも含めて、その質問に核心をつかれた気がしたんです。

田中:その話で思い出したんですけど、前にモデルさんとのトークショーがあって、イベントの後にその子と一緒に楽屋から出たら、モデルさんの追っかけの子に「田中杏子さんだ、かわいい」って言ってもらったことがあって、それはスゴくうれしかった(笑)。単純にそういう言葉がグッと来るというのはありますよね。最近は保育園に行くと、子どもたちがスゴイ集まってきてくれるんですよ。私がつけている真っ赤なアクセサリーなんかを見て、カワイイって言ってくれるんですね。こんなちっちゃな子どもたちのハートを掴めてるのかなって思うと、なんかうれしくなったりするんですよね。

Q.この子たちにほめられるようなママになろうって思いますよね。その感覚分かるような気がします。子どもがいるだけでこうして感覚が共有できるのはうれしいです。

田中:子どもって人と人の距離を縮めてくれますよね。子どもがいるだけで、それまであまり仲良くなかった人とも「今度お茶しましょう」という話になったりね(笑)。最近は、タレントさんとかもどんどん子どもを産んでいるじゃないですか。それはスゴく良い風潮だなって思うんです。キャリアを持つ女性が増えて、社会が活性化していくのはいいけれど、その結果残されるのが、子どもを産まないという選択肢だけになってしまうと、結局国力は衰退していくし、良くないですよね。だからこそ、子どもを生んで働くカッコ良い親たちが、もっと増えていくといいなって思っています。

Q.杏子さんはまさにそういう存在ですよね。

田中:うれしいです。ありがとうございます。今日はとても楽しかったです。今度は、私がえぐちさんにインタビューしてみたいですね(笑)。<インタビュー終わり>

インフォメーション

田中杏子さんとVivienne Tamのコラボレーション・アイテムが発売中。詳細はこちらから。
えぐちりかさんとe.m.コラボレーションジュエリーが、大丸心斎橋店本館1F アンテナプラスS(8月29日〜9月11日)、京都・藤井大丸3F イベントスペース(9月15日〜9月30日)、大丸東京店1F イベントスペース(9月18日〜10月2日)、名古屋・LACHIC1F イベントスペース(10月23日〜10月30日)で期間限定発売!! また、10月20日~10月29日に渋谷パルコで開催される「シブカル祭」では、BEAMSとのコラボレーションで制作した親子で着られる洋服が展示販売されます。

もっと知りたい人は…

  • えぐちりか 

    えぐちりか

    アーティスト
    アートディレクター

    電通にてアートディレクターとして働く傍ら、アーティストとして国内外で作品を発表。絵本「パンのおうさま」が小学館より発売。2011年フィギュアスケート髙橋大輔選手の衣装を担当するなど、広告、アート、プロダクト、衣装など様々な分野で活動を展開。JAGDA新人賞、ひとつぼ展グランプリ、岡本太郎現代芸術大賞優秀賞、イギリスD&AD金賞、スパイクスアジア金賞、グッドデザイン賞、キッズデザイン賞、街の本屋が選んだ絵本大賞3位ほか受賞多数。

  • 田中杏子 

    田中杏子

    「Numéro TOKYO」編集長

    ミラノに渡りファッションを学んだ後、第一線で活躍するファッション・エディターのもとで、雑誌や広告などに携わる。帰国後は、フリーランスのスタイリストとして活動。『流行通信』や『ELLE JAPON』の契約スタイリストを経て、『VOGUE NIPPON』創刊時より編集スタッフとして参加。ファッション・エディターとしてのキャリアを重ねるとともに、広告やTV番組の司会、また資生堂「Maquillage」キャンペーンのファッション・ディレクターを2年間兼務するなど多方面で活躍。2005年より『Numéro TOKYO』編集長に就任し、現在にいたる。