インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

えぐちりか

アーティスト
アートディレクター

田中杏子

「Numéro TOKYO」編集長

えぐちりかさんは、電通のアートディレクターとして働く傍ら、アーティストとしても個性あふれる作品を発表し続けているいま最注目のクリエイター。一昨年にはお子さんが産まれ、現在は子育てをしながら仕事をしている彼女が今回インタビューするのは、ファッション雑誌「Numéro TOKYO」編集長の田中杏子さん。人気俳優からアスリートまで話題のセレブリティたちを独自の視点で切り取る企画や、国内外のトップクリエイターたちによるカッティングエッジな誌面作りで他の雑誌と一線を画している同誌の編集長を創刊から務めながら、すでに5歳になるお子さんを持つ田中さんに、仕事や子育てのことについて聞いてきました。

Photo:田川友彦

1. なぜ面白い企画が実現できるのですか?

田中杏子 

私が現場叩き上げの人間ということもあって、人とのつながりやコミュニケーションをスゴく大切にしているところがあるんです。そういうところが、私たちの強みかもしれないですね。

Q.杏子さんはもともとスタイリストをされていたんですよね。そこから雑誌の編集長になるというのは珍しいケースですよね。

田中:日本の場合は、大学をちゃんと卒業した人が出版社に就職して、やがて編集長になるという流れが多いですよね。でも海外では、ファッションエディターというポジションでブランドのアドバイザーなどをしながら、自分の雑誌のスタイリングもするというスタンスが結構定着しているんです。日本だと、スタイリストさんはフリーの方が多くて、編集者がスタイリストに仕事をお願いするという図式になっているので、私のような人はレアケースだと思います。

Q. 「Numéro TOKYO」を読んでいて、日本のファッション誌の中でも独自の匂いというか、異質な感じを受けるのはそのせいかもしれないですね。「よくこんな企画実現したな」と思うような面白い記事も多いように思います。

田中:私が現場叩き上げの人間ということもあって、人とのつながりやコミュニケーションをスゴく大切にしているところがあるんです。基本は遊び人なので(笑)、遊ぶことが大好きで、そういう場で出会った人たちとも仲良くするし、仕事で知り合った人とも遊びに行く。例えば、YOUちゃんが今日子ちゃん(小泉今日子)をスタイリングするという企画も、もともとお友達だからできたんだと思うんですね。そういうところが、エリート編集者のような人たちとは違うところだと思うし、私たちの強みかもしれないですね。

Q.雑誌立ち上げの頃からそれを活かしていこうと考えていたんですか?

田中:そこまでは考えてなかったですね。でも、海外で生活や仕事をしていた経験があったので、それを活かして他の雑誌とは違う作りにしたいとは思っていました。あえてみんなが作らないものを作っていくことで、媒体のバリューを作っていきたいなと。

Q.創刊してすでに5年が経ちますが、雑誌を目指している方向に持っていけたとご自身で感じられたのはいつ頃からでしたか?

田中:3年経ったくらいですかね。最初の頃はもっと固く、真面目に作っていて、一生懸命「毒を盛る」ということを考えていました。他の雑誌との違いはわかってもらえていたとは思うんですけど、どうしてもコアな人たちが中心で、なかなか一般的にはウケなかったんですね。試行錯誤を繰り返しながら、3年目くらいで方向性が定まってきたような気がします。ただ、その頃はまだバラつきもあって、ようやく軌道に乗ってきたかなというのはここ最近のことですね。<続く>

インフォメーション

田中杏子さんとVivienne Tamのコラボレーション・アイテムが発売中。詳細はこちらから。
えぐちりかさんとe.m.コラボレーションジュエリーが、大丸心斎橋店本館1F アンテナプラスS(8月29日〜9月11日)、京都・藤井大丸3F イベントスペース(9月15日〜9月30日)、大丸東京店1F イベントスペース(9月18日〜10月2日)、名古屋・LACHIC1F イベントスペース(10月23日〜10月30日)で期間限定発売!! また、10月20日~10月29日に渋谷パルコで開催される「シブカル祭」では、BEAMSとのコラボレーションで制作した親子で着られる洋服が展示販売されます。

もっと知りたい人は…

  • えぐちりか 

    えぐちりか

    アーティスト
    アートディレクター

    電通にてアートディレクターとして働く傍ら、アーティストとして国内外で作品を発表。絵本「パンのおうさま」が小学館より発売。2011年フィギュアスケート髙橋大輔選手の衣装を担当するなど、広告、アート、プロダクト、衣装など様々な分野で活動を展開。JAGDA新人賞、ひとつぼ展グランプリ、岡本太郎現代芸術大賞優秀賞、イギリスD&AD金賞、スパイクスアジア金賞、グッドデザイン賞、キッズデザイン賞、街の本屋が選んだ絵本大賞3位ほか受賞多数。

  • 田中杏子 

    田中杏子

    「Numéro TOKYO」編集長

    ミラノに渡りファッションを学んだ後、第一線で活躍するファッション・エディターのもとで、雑誌や広告などに携わる。帰国後は、フリーランスのスタイリストとして活動。『流行通信』や『ELLE JAPON』の契約スタイリストを経て、『VOGUE NIPPON』創刊時より編集スタッフとして参加。ファッション・エディターとしてのキャリアを重ねるとともに、広告やTV番組の司会、また資生堂「Maquillage」キャンペーンのファッション・ディレクターを2年間兼務するなど多方面で活躍。2005年より『Numéro TOKYO』編集長に就任し、現在にいたる。