インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

えぐちりか

アーティスト
アートディレクター

蜷川実花

写真家
映画監督

カンバセーションズに2回目の登場となるアーティスト/アートディレクターのえぐちりかさんが、今回インタビューを依頼したのは、フォトグラファー/映画監督として活躍を続ける蜷川実花さん。数々の著名人の写真集や自身の作品集を発表し、さらに沢尻エリカさん主演の映画『ヘルタースケルター』、AKB48のミュージックビデオ「ヘビーローテーション」など、近年では映像分野でもセンセーショナルな作品を世に送り出しています。ますます活動の幅を広げ、多忙を極めるトップクリエイターであり、一児の母でもある蜷川さんに、えぐちさんがさまざまな質問を投げかけます。
※このインタビューは、雑誌「QUOTATION」との共同コンテンツです。3月22日発売の『QUOTATION』VOL.14の誌面でもダイジェスト版をご覧になれます。

2. 子どもができて不自由はしませんでしたか?

蜷川実花 

子どもが生まれたことで否応なしに切り替えざるを得ないことはありました。でも、子どものことで多少不便があったとしても仕事を頼みたくなるくらいの力を持っていたいと思ってましたね。

Q.実花さんは第一線で働きながら子育てもされていますが、壁にぶつかったりしたことはありますか?

蜷川:やっぱり子どもが生まれたことで否応なしに切り替えざるを得ないことはありましたね。例えば、それまで自分の作品を撮る前なんかは、何かが降りて来るのを待っていたところがあったけど、いまは自分で時間割を作れないから、子どもが幼稚園に行っている間にトップスピードに持っていかないとダメだったりする。最初の頃は、そういう時間のコントロールをしないといけないことに戸惑いましたね。

Q.子どもを産みたいという思いは、仕事をしている時からずっとあったんですか?

蜷川:ありましたよ。ただ、いつも「3年後くらいでいいや」って思っていたところがあって。やっぱり目の前の仕事が面白いし、うまくいっている時はそれが崩れるのも怖いですからね。仮に出産で仕事を休むことになったとしても、その後戻ってこられるくらい自分がピークの時に産みたいなと思っていました。子どもが生まれてからは赤ちゃんを背負って撮影に行っていたんだけど、そのうちスタジオとかにベビーベッドを置いてくれるようになって。それで嫌な思いをした人もいるかもしれないけど、子どものことで多少不便があったとしても仕事を頼みたくなるくらいの力を持っていたいと若い頃から思ってましたね。

『ヘルタースケルター』©2012 "Helter Skelter" Film Partners  Photo by Mika Ninagawa

Q.私は子どもを産んでから仕事にはすぐに復帰したけど、息子が2歳になってようやく余裕が出てきたところがあるんです。実花さんはどの辺からペースがつかめるようになりましたか?

蜷川:私も子どもが2歳くらいになってからですね。1歳の頃はまだ母乳も与えているし、自分に鞭打って仕事をしようとしても、子どもの泣き声とかが聞こえるだけでスイッチが切れてしまうし、精神的にも相当ハードだった。仕事も本数はこなしていたけど、自分の作品に取り組めるようになってきたのは、子どもが2歳になってから。それまでは、やりたいことができないというストレスが結構積もっていましたね。でも、それまで溜めていた鬱憤があったからこそ、『ヘルタースケルター』が撮れたと思うんですね。ちょうど子どもが2歳くらいから企画がスタートして、4歳くらいの時に撮影をしていた感じです。

えぐちりか「10人で着る服」

Q.まさにいま私がそのくらいの時期なので、凄くよくわかります。子どもを産むまでは、ちょっと無理をしてでも作品を作って、それを重ねていくことで自分が成長していく感覚があったけど、子どもができるといままでと同じようにはいかなくなる。だから、ある時期は新しい仕事に向き合っていても、これまでやってきたことを超えられていないような感覚が続いて。自分を越えようとしても超えられないというのが表現者としては一番つらかったですね。いまは子どもが2歳半になって、ようやくチャレンジができるようになってきた気がしています。

蜷川:お母さんとしても2年くらいやると経験値がつくし、子どもがずいぶん言葉をしゃべるようになってくることもあって、その辺から急に楽になった記憶がありますね。<続く>

インフォメーション

2冊同時刊行された蜷川実花さんの最新写真集「NINAGAWA MEN 1」「NINAGAWA WOMAN 2」が好評発売中。また、無料カメラアプリ「cameran」と、きゃりーぱみゅぱみゅをモデルに撮影した写真集&ガイドブックアプリ「蜷川TOKYO MAP」が好評リリース中。
えぐちりかさんが、教材、ベビーマットや絵本など毎月届く玩具などのトータルアートディレクションを手がけた3ヶ月から1歳までのベネッセ「こどもチャレンジbaby」が2013年7月より展開予定。

もっと知りたい人は…

  • えぐちりか 

    えぐちりか

    アーティスト
    アートディレクター

    電通にてアートディレクターとして働く傍ら、アーティストとして国内外で作品を発表。絵本「パンのおうさま」が小学館より発売。2011年フィギュアスケート髙橋大輔選手の衣装を担当するなど、広告、アート、プロダクト、衣装など様々な分野で活動を展開。JAGDA新人賞、ひとつぼ展グランプリ、岡本太郎現代芸術大賞優秀賞、イギリスD&AD金賞、スパイクスアジア金賞、グッドデザイン賞、キッズデザイン賞、街の本屋が選んだ絵本大賞3位ほか受賞多数。

  • 蜷川実花 

    蜷川実花

    写真家
    映画監督

    木村伊兵衛写真賞ほか数々受賞。映像作品も多く手がける。2007年、映画『さくらん』監督。2008年、個展「蜷川実花展」が全国の美術館を巡回し、合計約18万人を動員。2010年、Rizzoli N.Y.から写真集「MIKA NINAGAWA」を出版、世界各国で話題となる。監督映画『ヘルタースケルター』が2012年7月より全国公開、21億円の興行収入を記録した。