インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

えぐちりか

アーティスト
アートディレクター

蜷川実花

写真家
映画監督

カンバセーションズに2回目の登場となるアーティスト/アートディレクターのえぐちりかさんが、今回インタビューを依頼したのは、フォトグラファー/映画監督として活躍を続ける蜷川実花さん。数々の著名人の写真集や自身の作品集を発表し、さらに沢尻エリカさん主演の映画『ヘルタースケルター』、AKB48のミュージックビデオ「ヘビーローテーション」など、近年では映像分野でもセンセーショナルな作品を世に送り出しています。ますます活動の幅を広げ、多忙を極めるトップクリエイターであり、一児の母でもある蜷川さんに、えぐちさんがさまざまな質問を投げかけます。
※このインタビューは、雑誌「QUOTATION」との共同コンテンツです。3月22日発売の『QUOTATION』VOL.14の誌面でもダイジェスト版をご覧になれます。

1. 休日はどうやって過ごしていますか?

蜷川実花 

土日どちらかが空いたら必ず子どもとどこかに行くようにしていて。ダラダラしているのが一番調子が悪くて、うちでのんびりとかができないんですよ。

Q.前に実花さんの家にお邪魔した時に、夜3時くらいまで飲んでいたじゃないですか。でも、その翌日に朝から子どもと水族館に遊びに行くというのを聞いて、凄くビックリしたことが印象に残っているんですけど、お休みはどのくらい取れているんですか?

蜷川:海外出張が続かなければ、週1くらいは取れていますよ。特に子どもができてからは土日が凄く重要になって、土日どちらかが空いたら必ず子どもとどこかに行くようにしていて。ダラダラしているのが一番調子が悪くて、うちでのんびりとかができないんですよ。

Q.あくまでも想像ですけど、『ヘルタースケルター』は、極限を超えたところで挑戦しないとできない表現のような気がしていて、まさにそんな作品にチャレンジしている時に夜遅くまで飲んで、そのまま子どもと八景島に行くというのが信じられなかったんです。

蜷川:そういうことはよくあるんですよ (笑)。結局子どもがいると、家にいるのが一番疲れたりしません? 子どもの興味の対象がお母さんにしか向かないから、フルで相手をしないとダメだし、狭い空間だとグズったりするし。それが一番体力を消耗しちゃうから、むしろ友達とかと一緒にどこかに行った方が、子どもも私も楽しいんです。

Q.子どもができる前はどうだったんですか?

蜷川:土日関係なく仕事してましたね。私はバツサンなんだけど、パートナーと一緒にいる時間を作るために仕事をあきらめたことはなかったんです。とにかく仕事をしていて、残った時間でできる限り付き合うという関わり方だったんだけど、さすがに息子の場合はそうはいかない。この子のためにセーブしようというのが少なからずあって、それは初めての経験だったかな。最初の頃は海外ロケにも全部連れて行っていました。それは息子のためというよりは、自分のためというところが大きかったかもしれない。

©2012 "Helter Skelter" Film Partners

Q.子どもの方はしばらくお母さんと会えなくても、面倒を見てくれる周りの人達から愛されているから、意外と平気なんですよね。むしろお母さんの方がヤバくなる(笑)。私は一度だけやむを得ず息子を現場に連れて行っていたことがあったんですけど、家でママしてる時の自分とのギャップに息子が戸惑ってしまっているような気がして、結局連れて行かなくなりましたね。

蜷川:うちの場合は旅一座みたいになっているところがあって、スタッフが面倒を見てくれるんです。あまりにスケジュールが詰まっている場合は連れていかないですけどね。あと、男性の撮影の時は連れて行きたくないんですよ。やっぱりお母さんモードで男性を撮っても色っぽくならないですからね。前に子どもを連れていった時に、自分の足も入れて撮るつもりで網タイツを履いていたんですけど、当時まだ3際くらいだった息子から、「実花ちゃんのそれ、凄くイヤなんだけど」って言われて。ワンピースを着ている時も「スカート短くない?」って言われたので、「下に短パン履いているから大丈夫だよ」と言ったら、「じゃあいいよ」って(笑)。<続く>

インフォメーション

2冊同時刊行された蜷川実花さんの最新写真集「NINAGAWA MEN 1」「NINAGAWA WOMAN 2」が好評発売中。また、無料カメラアプリ「cameran」と、きゃりーぱみゅぱみゅをモデルに撮影した写真集&ガイドブックアプリ「蜷川TOKYO MAP」が好評リリース中。
えぐちりかさんが、教材、ベビーマットや絵本など毎月届く玩具などのトータルアートディレクションを手がけた3ヶ月から1歳までのベネッセ「こどもチャレンジbaby」が2013年7月より展開予定。

もっと知りたい人は…

  • えぐちりか 

    えぐちりか

    アーティスト
    アートディレクター

    電通にてアートディレクターとして働く傍ら、アーティストとして国内外で作品を発表。絵本「パンのおうさま」が小学館より発売。2011年フィギュアスケート髙橋大輔選手の衣装を担当するなど、広告、アート、プロダクト、衣装など様々な分野で活動を展開。JAGDA新人賞、ひとつぼ展グランプリ、岡本太郎現代芸術大賞優秀賞、イギリスD&AD金賞、スパイクスアジア金賞、グッドデザイン賞、キッズデザイン賞、街の本屋が選んだ絵本大賞3位ほか受賞多数。

  • 蜷川実花 

    蜷川実花

    写真家
    映画監督

    木村伊兵衛写真賞ほか数々受賞。映像作品も多く手がける。2007年、映画『さくらん』監督。2008年、個展「蜷川実花展」が全国の美術館を巡回し、合計約18万人を動員。2010年、Rizzoli N.Y.から写真集「MIKA NINAGAWA」を出版、世界各国で話題となる。監督映画『ヘルタースケルター』が2012年7月より全国公開、21億円の興行収入を記録した。