インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

えぐちりか

アーティスト
アートディレクター

Chara

ミュージシャン

今回でカンバセーションズには3回目の登場となるアートディレクターのえぐちりかさん。前回の写真家・蜷川実花さんへのインタビューからすでに約2年が経ち、昨年には2人目のお子さんを無事出産されたえぐちさんが、今回インタビューするのは、日本を代表する女性ミュージシャンであり、2児の母でもあるCharaさん。先日発売されたCharaさんの2年半ぶりとなるニューアルバム『Secret Garden』のジャケットデザインをえぐちさんが手がけるなど、仕事でも関わりを持つおふたりが、ものづくりのことや、子育てのことなどについてさまざまなお話をしてくれました。

4. 最近泣いたのはいつですか?

Chara 

ここぞという時に、そうやって女々しく泣くことはある(笑)。別にわざと涙を使おうと思ってるわけじゃないんだけど。

Q.突然ですが、Charaさんが最近泣いたのはいつですか? 私は、結構いっぱいいっぱいになった時などは、一度泣いてスッキリしてから次に行くタイプなんです(笑)。

Chara:結構儀式的に泣くかも(笑)。ある取材の時に、自分のことをあまり理解してくれていないインタビュアーの人が来て、「いや、そうじゃないんです」ってこっちは説明をするんだけど、だんだん涙が出てきちゃって。せっかく取材してくれているし、しっかり話そうとは思うんだけど、なんか一生懸命やってるのにわかってくれていないんだなって、ちょっと悲しくなっちゃったんだと思う。その後はちゃんと取材に対応したんだけど、ここぞという時に、そうやって女々しく泣くことはある(笑)。別にわざと涙を使おうと思ってるわけじゃないんだけど。

Q.私は取材を受けて、子供や家族のことを話そうとすると、なぜか涙が止まらなくなります(笑)。

Chara:普段ちゃんと言葉にしていないようなことだから、いざ話そうとすると、感動して涙が出てきちゃうというのがあるのかもね。でも、別に泣いてもいいんじゃないって思う。私は昔から、泣いても鼻をかみながら話すようなタイプだったかな。レコーディング現場なんかでも、以前はいまよりもコミュニケーションが上手くできなくて、自分がイヤだということを、自分以外の人たちの機嫌を損ねずに伝えることができなかった。ただ、それでも若い頃は気を使っていたつもりだったけど、最近は、リハの時なんかにしても、「もしかしたらキツい言葉が出ちゃうかもしれないけど、あまり気にしないでね」と前もって言うようになった(笑)。これは年の功みたいなもので、ショートカットできるところはするようにしているし、そういう判断力がついてきたんだと思う。

Q.特に若い頃は、自分より年齢や経験が上の人が多いですからね。今回の『Secret Garden』のデザインをしていて面白かったのは、私が複数の案を出した時、息子さんにどれがいいかを聞いて、彼が選択したものにあっさり決められたことです。実は私も、Charaさんにお見せする前日に、数パターンのレイアウトで悩み、自分の夫に見せて意見を聞いたりしていたこともあり、Charaさんと息子さんとのやり取りが、なんだかとても親近感が湧いたというか、微笑ましかったです。自分の方向性を決める大切な選択を、愛する人の一言に委ねてみるということがとてもチャーミングだし、Charaさんらしいなって思いました。

Chara:私、わかりやすいね(笑)。息子に聞くことは凄く多いんだけど、私が彼の年の時に、ここまではっきりした言葉で話せただろうかって思うようなことを結構言ってくれるから、「ふーん」ってなる(笑)。ボブ・マーリーの詩を引用してみたり、なんか言葉がかっこ良いんだよね。彼は英語がちょっとできるから、英語の詩を書こうと思っている時に聞いたりもするんだけど、何かを質問した時に「それはさ、そもそもそういうことじゃないでしょ」って逆に諭されたりもする(笑)。とはいえ、15歳になって肉体的には成長しているけど、やっぱり息子は息子。でも、いつのまにか「ママ」から「母ちゃん」に呼び方が変わったりするから面白いよね。「え、私、母ちゃん? ママじゃないの?」みたいな(笑)。次は「おふくろ」とか呼ばれたりするのかな(笑)。<続く>

インフォメーション

えぐちりかさんがジャケットのデザインを手がけたCharaさんのニューアルバム『Secret Garden』が発売中。Charaさんは現在全国ツアー「Chara Concert 2015」も開催中。
えぐちさんが手がけた絵本『パンのおうさま』が小学館より発売中。

もっと知りたい人は…

  • えぐちりか 

    えぐちりか

    アーティスト
    アートディレクター

    電通にてアートディレクターとして働く傍ら、アーティストとして国内外で作品を発表。絵本「パンのおうさま」が小学館より発売。2011年フィギュアスケート髙橋大輔選手の衣装を担当するなど、広告、アート、プロダクト、衣装など様々な分野で活動を展開。JAGDA新人賞、ひとつぼ展グランプリ、岡本太郎現代芸術大賞優秀賞、イギリスD&AD金賞、スパイクスアジア金賞、グッドデザイン賞、キッズデザイン賞、街の本屋が選んだ絵本大賞3位ほか受賞多数。

  • Chara 

    Chara

    ミュージシャン

    1991年、シングル「Heaven」でデビュー。オリジナリティあふれる楽曲と独特な存在感により人気を得て、ファッションアイコンとしても注目を集める。1996年には女優として出演した岩井俊二監督の映画「スワロウテイル」が公開され、劇中のバンド YEN TOWN BANDのボーカルとして参加して制作されたテーマソング「Swallowtail Butterfly ?あいのうた?」が大ヒットとなる。1997年のアルバム「Junior Sweet」は100万枚を超えるセールスを記録した。2015年3月にオリジナルアルバム「Secret Garden」をリリース。来年25周年を迎え、未だ制作意欲の衰えを見せることなく作品発表を続けている。