インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

えぐちりか

アーティスト
アートディレクター

Chara

ミュージシャン

今回でカンバセーションズには3回目の登場となるアートディレクターのえぐちりかさん。前回の写真家・蜷川実花さんへのインタビューからすでに約2年が経ち、昨年には2人目のお子さんを無事出産されたえぐちさんが、今回インタビューするのは、日本を代表する女性ミュージシャンであり、2児の母でもあるCharaさん。先日発売されたCharaさんの2年半ぶりとなるニューアルバム『Secret Garden』のジャケットデザインをえぐちさんが手がけるなど、仕事でも関わりを持つおふたりが、ものづくりのことや、子育てのことなどについてさまざまなお話をしてくれました。

1. アルバムはどうやってつくるのですか?

Chara 

家族アルバムにしても、ページをめくったらこの写真があってとかみんな考えると思うんだけど、そういう作業に結構近いのかもしれない。

Q.Charaさんから最初にアルバムのお話をして頂いた時に、今回は子宮がテーマだということを聞いてとても興味深かったのですが、毎回アルバムのテーマというのはどうやって決めているのですか?

Chara:曲をつくっていくうちに自分が気になっているものが集まってきて、だんだんテーマが明確になってくるという感じかな。たぶんデザイナーにもそういうこと、あるでしょ? ただ、私の場合はクライアントがいるわけではないから、自分の内側にある個性的なもの、「Chara」というものを純度を高くして出すということが仕事。言ってみれば、毎回テーマは「自分」なので、自分が心で感じたものを伝えようと心がけてる。

Q.今回は約2年半ぶりの新作ですが、その間にストックされた色々なものがアルバムになっていくのですか?

Chara:アルバムをいつ出すかというのは、最初から決めているわけじゃないんだけど、最近気に入っているものと、昔からある自分らしいものが色々混ざっていく中で、アルバムというものができていく感じ。例えば、どんなご家庭でも、家族の写真を撮ってアルバムをつくったりするでしょ。割とそれに近い感覚で、ある程度この曲を入れたいというものがあった上で、自分も含めそれを聴く人が楽しめるように演出をしていく。家族アルバムにしても、このページをめくったらこの写真があってとかみんな考えると思うんだけど、そういう誰もがやっている作業に結構近いのかもしれない。

Q.Charaさんには、まず自分の人生というものがあって、そこに歌が寄り添っているような印象があります。日々の出来事の中から歌が生まれているような気がするんですが、今回のアルバムにも、ここ2,3年のCharaさんの気分というのが色濃く出ているんですか?

Chara:ここ2,3年というよりは、これまで生きてきた分かもしれない。その中でも特に深く掘って出てきたものというのは、やっぱり最近のものが多いのかもしれないけど。多分デザイナーもそうだと思うけど、日々色々なことを感じたり、周りの人から影響を受けたり、これまでに先輩たちが残してきた作品に感動したり、「凄い!」と感じることって色々あるでしょ。私にもこれまで生きてきた中で、周りの人たちとの関係から生じた色んな出来事や事件というのがあって、そういうものが作品になっているんだと思う。特に私の場合は、昔から「愛」というものが凄そうだと漠然と思っていて、でも、それが何なのかよくわからないから余計に興味が湧いて、ラブソングばかり歌ってきたんです(笑)。<続く>

インフォメーション

えぐちりかさんがジャケットのデザインを手がけたCharaさんのニューアルバム『Secret Garden』が発売中。Charaさんは現在全国ツアー「Chara Concert 2015」も開催中。
えぐちさんが手がけた絵本『パンのおうさま』が小学館より発売中。

もっと知りたい人は…

  • えぐちりか 

    えぐちりか

    アーティスト
    アートディレクター

    電通にてアートディレクターとして働く傍ら、アーティストとして国内外で作品を発表。絵本「パンのおうさま」が小学館より発売。2011年フィギュアスケート髙橋大輔選手の衣装を担当するなど、広告、アート、プロダクト、衣装など様々な分野で活動を展開。JAGDA新人賞、ひとつぼ展グランプリ、岡本太郎現代芸術大賞優秀賞、イギリスD&AD金賞、スパイクスアジア金賞、グッドデザイン賞、キッズデザイン賞、街の本屋が選んだ絵本大賞3位ほか受賞多数。

  • Chara 

    Chara

    ミュージシャン

    1991年、シングル「Heaven」でデビュー。オリジナリティあふれる楽曲と独特な存在感により人気を得て、ファッションアイコンとしても注目を集める。1996年には女優として出演した岩井俊二監督の映画「スワロウテイル」が公開され、劇中のバンド YEN TOWN BANDのボーカルとして参加して制作されたテーマソング「Swallowtail Butterfly ?あいのうた?」が大ヒットとなる。1997年のアルバム「Junior Sweet」は100万枚を超えるセールスを記録した。2015年3月にオリジナルアルバム「Secret Garden」をリリース。来年25周年を迎え、未だ制作意欲の衰えを見せることなく作品発表を続けている。