インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

cooked

行友 光

ハンドメイドルアー製作

今回インタビュアーになってくれるのは、カンバセーションズのアートディレクションとWebデザインを手がけてくれたcookedの3人。”新鮮な役立たず”をテーマに、Web、映像、書籍などさまざまな分野でユニークな活動をしている幸前チョロくん、萩原俊矢くん、横田泰斗くんの3人が話し合いの末に”話を聞きたい人”として挙げてくれたのは、岡山を拠点にハンドメイドルアーを製作している六度九分行友 光さん。cookedとは活動内容も拠点も大きく異なる行友さんに、同世代の作り手として彼らが聞きたいこととは? カンバセーションズが10月半ばに敢行した岡山出張取材の発端となったインタビューをお届けします。

岡山出張取材でのインタビュー記事などをまとめた特設サイト「QONVERSATIONS TRIP OKAYAMA」がオープン。インタビューに加えて、公開取材イベントのアーカイブ映像や、岡山のさまざまなおすすめなどコンテンツ満載です。ぜひこちらからご覧ください!

1. なぜハンドメイドルアーを作り始めたのですか?

行友 光 

プロになりたいという思いが漠然とあったのですが、トップの大会を見て非常に鬼気迫るものを感じたんです。僕にはそこまでのものはないけど、釣りにまつわることをしたかったので、ルアー作りを真剣にやろうと。

Q.行友さんがルアーを作り始めたのはいつ頃からなんですか?

行友:もともとバス釣りが好きで、学生の頃から自分でルアーを作っていました。高校を卒業してから、本場のアメリカ・カリフォルニアの知人を訪ねて、現地に3ヶ月くらい滞在して釣りをしたり、釣具屋さんを色々見てまわってきたんですね。向こうではブラックバス釣りの大きな大会になると賞金が数千万円にもなるので、プロとしてやっている人たちも結構いるんですね。アメリカに行く前は自分もプロになりたいという思いが漠然とあったのですが、実際にトップの大会を見てみると非常に鬼気迫るものを感じて。僕にはそこまでのものはないし、彼らと競うのは難しいだろうと思ったんです。でも、釣りは好きだし、それにまつわることをしたかったので、ルアー作りを真剣にやろうと。

六度九分の行友さん(右)とcookedのチョロくん(左)。

Q.行友さんは生まれも育ちも岡山なんですか?

行友:はい。ただ、取扱店舗は関東が多いんですけどね。ハンドメイドルアーを好む人が関東圏に多いということもあるのですが、もともと千葉に住んでいる親戚がいたこともあり、柏にあるハンドメイドルアーに強いお店にお客さんとしてよく通っていたんですね。そのお店に20歳になる前くらいの時に自分で売り込んで、作ったルアーを初めてお店に置いてもらうようになったんです。

cookedの横田くん(左)と萩原くん(右)。

Q.同世代のハンドメイドルアーの作り手というのはどのくらいいるんですか?

行友:趣味や副業で作っている人は結構いますが、これを生業にしている同世代もしくは下の世代の人はあまり見当たらないですね。僕の場合は、しばらくアルバイトをしながらルアー作りをしていたのですが、5年くらいかけてルアーだけで生計が立つようになりました。

六度九分ハンドメイドルアー展 at ギャラリー同潤会

Q.行友さんの個展を見た時に、基本的には魚のための配色のはずなのに、僕らが見てもカワイイと感じてしまうカラーリングやパターンだったのが印象的でした。行友さんのブログなどを読んでいて、本などルアー以外の要素からの影響も受けているような印象を受けたのですが、どういうものがインスピレーションソースになっているのですか?

行友:基本的には、すでにあるものをアレンジしていく感じなんですね。例えば、ザリガニなんかを食べている魚はやはり赤色に反応するので、そういうルアーを作る場合はまずは赤をベースにするという前提があって、あとはそれをどう使っていくかというところになってきます。そういう時に、自分が好きな絵画やポスターの色使いなどを参考にしているところはあると思います。あと、ルアーの名前に好きな音楽の曲名を使ったりもしますね。ただ、水彩画などにしても当然技法までは応用できないので、最終的には自分で手を動かしながら作っていくということにはなりますね。<続く>

もっと知りたい人は…

  • cooked 

    cooked

    “新鮮な役たたず”をテーマに、ウェブ・映像・書籍などの制作と配布をする幸前チョロ、萩原俊矢、横田泰斗の3人組。世の中に既にあるテキストや画像、アルゴリズムなど、どんなものでも素材として、メンバーの手仕事によって調理(cook)する編集とデザインの間のような活動をしている。「カンバセーションズ」のアートディレクション&Webデザイン担当。

  • 行友 光 

    行友 光

    ハンドメイドルアー製作

    2004年から六度九分という屋号でルアー作りをはじめる。2012年2月に表参道のギャラリー同潤会で個展を開く。