インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

有馬トモユキ

グラフィックデザイナー

長谷敏司

小説家

今回カンバセーションズに初登場するのは、グラフィックデザイナーとして、広告からアニメ、ゲーム、音楽関連のデザインまで幅広く活動している有馬トモユキさん。その有馬さんがインタビューするのは、『円環少女』『あなたのための物語』『BEATLESS』などの作品で知られ、今年に入り、ゲーム「メタルギアソリッド3」のノベライズ作品『メタルギア ソリッド スネークイーター』を上梓した小説家・長谷敏司です。SF小説の装丁なども数多く手がけてきた有馬さんが、長谷敏司さんにいま聞きたいこととは?

1. 未来への不安はありますか?

長谷敏司 

割と不安に追われているタイプなのですが、「進歩」と「不安」というのはあまり関係ない。未来に対して自分がどう動き、居場所や生活を確保できるのかということなんだと思います。

Q.僕はグラフィックデザインを仕事にしていて、タイポグラフィの講師などをすることもあるのですが、グラフィックデザインやタイポグラフィに関わる人たちの高年齢化が進んでいるんですね。どんな分野でも未来が想像できないものは滅びると思っているのですが、デザインの未来を誰も言ってくれないという認識が僕の中にあって、むしろそのヒントになりそうなものを指し示してくれるのは長谷さんの作品だったりするんです。

長谷:僕は、21世紀に入ってから新たに生まれたビジョンというのはまだほとんどないと思っているんです。例えば、モバイルやネットワークは90年代の延長ですし、大きく変わったものはスマートフォンくらいですよね。先進国にドラスティックな変化が見え難い状況のなかで、現在の20代後半から30代の人たちというのは、そろそろ自分たちで次につながる新しいビジョンを描かないといけない時期に入ってきている。新しいものを探すというのは、新しいビジョンを享受する側の態度としては正しいと思うのですが、物書きとしての自分の立場を考えると少し違う。アンテナを広げて面白いものを探すというのは、作家としては自分が作れていないと考えると無責任な態度でもあって、「こんなに面白いものを作ったんだけどどう?」と新しいと思えるものをこちらから提案する立場でいるべきなんじゃないかなと思っているんです。

Q.僕はやはり誰かに未来を指し示してほしいと期待しているところがあって、例えばそれがSFの想像力だったりします。

長谷:いわゆるSF第一世代の人たちが描いた未来のビジョンというのはいまだに実現していないですし、50年以上前に提示されたビジョンには当たっている部分と外れている部分がそれぞれあります。携帯電話の一般化などを指して、SFの未来予測が外れたと言われることもありますが、科学や技術は当て物ではないですしね。だから、外れたら修正して次のビジョンを出し直すことができる。なのに、何かしらビジョンを描くというアプローチができる人間がそれをし切れなかったから、未来に夢見るものが見えにくい現在になってしまったとも言えます。いまある状況に対して修正をかける仕事を、その立場にある人がすることで何かが次につながっていくだろうし、つないでいくことが自分の職業の誠実な社会的立ち位置なんじゃないかと思っています。

Q.グラフィックデザインの仕事も時代とともに役割が変わってきています。例えば、ロゴマークやポスターなどの役割も変容しているし、誰かがゲームチェンジをすることで従来の職業がなくなることもあるかもしれません。でも一度振り切ってしまうことで変わる部分もあるだろうし、僕個人としては最初に崖から突き落とされる立場でいたいとも思っています。一方で、伝統的な価値観の中でやってきた人たちを、どういまの時代につなげればいいのかということをいつも考えています。

長谷:僕は割と不安に常に追われているタイプなのですが、「進歩」と「不安」というのはあまり関係ないと思うんですね。おそらく100年後には、いま我々が不安に思っている原因となるものを当たり前のように享受しているだろうし、一方でまた新しい不安も生まれているはずです。不安自体は人間から出てくるものであって、進歩から生まれるものではない。PCがないようなアフリカの村で生きている人も、先進国の日本で生活を営んでいる人も不安を感じるシステム自体は同じで、結局未来への不安というのは、進歩の結果自分がそこにいられなくなるような原始的なことだったりする。人間の神経システムはおそらく100年後も変わらないだろうし、つまるところ、未来に対して自分がどう動いていけて、いかに居場所や生活を確保できるのかということなんだと思います。<続く>

インフォメーション

『あなたのための物語』『BEATLESS』のスピンオフ短篇ほか4篇を収録する長谷さん初の作品集『My Humanity』 がハヤカワ書房JAより2月21日刊行予定。

もっと知りたい人は…

  • 有馬トモユキ 

    有馬トモユキ

    グラフィックデザイナー

    1985年長崎生まれ。複数社を経て、日本デザインセンターにてWeb、UIの領域で従事する傍ら、TATSDESIGN名義でグラフィックデザインを中心に商業コンテンツ作品とそのプロモーションに関する活動を行う。2011年よりクリエイティブグループGEOGRAPHICディレクター。2012年より朗文堂・新宿私塾講師。

  • 長谷敏司 

    長谷敏司

    小説家

    1974年大阪生まれ。関西大学卒業。2001年、第六回角川スニーカー大賞金賞受賞作『戦略拠点32098 楽園』でデビュー。『あなたのための物語』『BEATLESS』が、第30回、第32回SF大賞最終候補となる。ほか『円環少女』シリーズ(全13巻)、『メタルギアソリッド スネークイーター』他の著作がある。