インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

阿部淳也

クリエイティブ・ディレクター
1PAC.INC.

若林 純

サントリーホールディングス株式会社

今回のインタビュアーは、デジタル、インタラクティブ領域を中心としたデザイン、アプリケーション/システム開発などを手がける「ワンパク」の代表兼クリエイティブ・ディレクターの阿部淳也さん。これまでにさまざまな企業の案件を手がけてきた阿部さんがインタビュー相手として挙げてくれたのは、サントリーホールディングス株式会社広報部デジタルコミュニケーション開発部で働く若林 純さん。現在、同社の某プロジェクトを共に進行し、言わばクライアントとも言える若林さんに、同世代である阿部さんが聞きたいこととは?

1. なぜサントリーに入ったのですか?

若林 純 

創業者の理念があるメーカーに入りたいという思いがありました。創業者・鳥井信治郎の「やってみなはれ」という精神のもと、新しいお酒文化を創ってきた会社であることに惹かれたんです。

Q.まずは若林さんがサントリーに入ったきっかけを教えて下さい。

若林:もともと大学で電子情報工学を学んでいたので、情報通信系や自動車関係などエンジニアとして会社に就職するケースが一般的なのですが、創業者の理念があるメーカーに入りたいという思いがありました。サントリーの創業者は鳥井信治郎ですが、これまで「やってみなはれ」という精神のもと、ワインやウイスキーなど新しいお酒文化を創ってきた会社であることに惹かれたんです。また、面接を受ける前に行った採用セミナーも大きかったですね。大きな会社の採用セミナーと言うと、一般的に100人くらいを一同に集めて説明会をするというイメージがあると思いますが、サントリーの場合は、自分が情報系の採用希望ということもあり、20人くらいの少人数でビール工場に連れて行ってくれました。そこでまず美味しいビールを飲ませてくれるんです。その後に、人事部の担当者から会社についてのレクチャーがあるのですが、ビールを飲んでみんな良い気分になっていましたね(笑)。これは面白い会社だなと思い、サントリーに入ることを決めました。

Q.それだけでもワクワクしてきますよね。当時は、サントリーに入ってどんなことをしたいと思っていましたか?

若林:いまやっているWebの仕事にも繋がる話だと思うのですが、電機や情報通信系の会社などに技術者として入るのではなく、お酒や食品を扱っている会社の情報システムを変えることができたら、もっと凄いことができるんじゃないかという漠然とした思いを持っていたんです。私が入社した2000年というのは、ちょうどY2Kと言われる2000年問題の頃だったのですが、同時にISDN回線がADSLや光に置き換わりつつある時期で、インターネットが面白くなっていくタイミングでもありました。そのようななかで当初は、インターネットの裏側とも言えるネットワークの仕事などをしていましたね。

Q.そもそも若林さんが理系に進むきっかけは何だったのですか?

若林:私は76年生まれのいわゆるナナロク世代で、ゲーム世代だったんです。幼稚園の頃にはゲームウォッチがあり、小学1年になった年にファミコンが発売され、小4くらいでPCエンジン、小6でスーパーファミコンが出てきて、さらにMSXというゲームのためのパソコンのようなものもありました。特に最初にファミコンで「スーパーマリオ」を見た時には腰を抜かした記憶があります。いまiPhoneやiPadなどでみんなが熱狂している状況と同質の体験を子供ながらに感じていたんだと思います。さらに、大学入学と同時にWindows95がリリースされるなど、インターネットに接していける階段も世の中が用意してくれていたんです。

Q.僕も若林さんと同世代ですが、まさに時代とともにテクノロジーが発達していった時代でしたよね。そう考えると、子供の頃に好きだったことの延長に現在の仕事があると。

若林:そうですね(笑)。我々の世代は、ネットやデジタル系の分野に進む人が多い気がします。例えばゲームなどにしても、新しいハードが出るたびに、画質、音、ストーリーなどがどんどん進化するという時代に立ち合ってきたので、テクノロジーの進化によって未来はもっと面白くなるだろうと思い描けた時代だったんですね。<続く>

インフォメーション

阿部淳也さんのコラム「HOTに行こうぜ!ワンパクの考えるオウンドメディアの未来連載中」が現在「アドタイ」で連載中。

もっと知りたい人は…

  • 阿部淳也 

    阿部淳也

    クリエイティブ・ディレクター
    1PAC.INC.

    1974年宮城県生まれ。工業高校卒業後、自動車メーカでのユーザインターフェースエンジニアを経て、IT部門でデザイナー、テクニカルディレクターを経験。2004年より都内の広告代理店系プロダクションにて多くのWebサイト立ち上げや映像制作にクリエイティブディレクターとして携わった後、2008年に「ワンパク」を設立。デジタル・インタラクティブ領域を中心としたコミュニケーションデザインを強みとし、戦略・企画立案からモノづくりまでワンパッケージでおこない、様々な企業をサポートしている。また、独創性あふれるアイデアと技術力を活かしてリリースされる数々のオリジナルプロジェクトも注目されている。

  • 若林 純 

    若林 純

    サントリーホールディングス株式会社

    2000年にサントリー株式会社に入社。情報システム部にてインターネットのブロードバンド化や人事システム開発などを担当。2005年より現職。現在はサントリーホールディングス株式会社 広報部デジタルコミュニケーション開発部にて全社のWeb統括部署として、会員サイト「サントリータウン」やスマートフォンサイトの運営、全社のデジタル施策支援を行う。(社)日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会「商品ブランド・プロモーション研究WG」リーダー。