インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

阿部淳也

クリエイティブ・ディレクター
1PAC.INC.

中村大亮

ライオン株式会社

カンバセーションズには2回目の登場となるクリエイティブ・ディレクターの阿部淳也さん。前回のサントリーホールディングス株式会社・若林 純さんに続く”企業人”インタビューシリーズ第2弾となる今回は、ライオン株式会社の宣伝部でデジタルマーケティングを中心にしたお仕事をされている中村大亮さん。公私共に付き合いがある同世代の中村さんに対し、阿部さんがさまざまな角度からインタビューをしてくれました。

インタビューの前に

阿部淳也 

いま、阿部淳也さんが聞きたいこと

「ここ数年、ノマドやフリーランスという言葉がよく聞かれるようになり、若い人たちの価値観が変わっている一方で、僕の周りにいる同世代の仲間たちには、企業で働いていながら輝いている人たちというのがたくさんいるんですね。カンバセーションズでのインタビューでは、彼らにフォーカスをしていくことで、フリーランスのクリエイターに憧れつつ、企業にも興味を持っているような若い人たちにとって、何かの糧になるような話が聞けたらと思っています。
今回インタビューする中村さんは、2年前に沖縄で開催された『ブランドサミット』というイベントで名刺交換をさせてもらい、それ以来よく飲みに行ったりするようになりました。中村さんは僕と同世代なのですが、僕らは自分たちのことを勝手にデジタル業界の『第3世代』と呼んでいるんです。これからの業界を担っていく世代として、同世代の仲間を増やしていくということを続けているのですが、その中で中村さんはみんなの兄貴分的な存在なんです。何かをやる時には最初に仕切ってくれて、みんながそこに乗っかっていくということも多いですし、個人的にもメーカー出身だった僕のことをよく理解してくれていて、色々な話ができる相手でもある。今日はそんな中村さんに、ざっくばらんにお話を聞けたらと思っています」

インフォメーション

ワンパクではHOTな仲間を募集中!HOTな仲間とHOTな会社を一緒につくっていきませんか?応募はこちらから。

もっと知りたい人は…

  • 阿部淳也 

    阿部淳也

    クリエイティブ・ディレクター
    1PAC.INC.

    1974年宮城県生まれ。工業高校卒業後、自動車メーカでのユーザインターフェースエンジニアを経て、IT部門でデザイナー、テクニカルディレクターを経験。2004年より都内の広告代理店系プロダクションにて多くのWebサイト立ち上げや映像制作にクリエイティブディレクターとして携わった後、2008年に「ワンパク」を設立。デジタル・インタラクティブ領域を中心としたコミュニケーションデザインを強みとし、戦略・企画立案からモノづくりまでワンパッケージでおこない、様々な企業をサポートしている。また、独創性あふれるアイデアと技術力を活かしてリリースされる数々のオリジナルプロジェクトも注目されている。

  • 中村大亮 

    中村大亮

    ライオン株式会社

    1998年ライオン入社。Web媒体社、その後家電メーカーでマーケティング活動に従事し、2010年ライオンに復職。現在宣伝部デジタルコミュニケーション推進室にて主にWebを中心に様々なメディアを活用したコミュニケーションプランニングを担当。実務としてはアドテクノロジーからソーシャルメディアまでカバー。2011年、2012年アドテック東京公式スピーカー。第10回WEBクリエーションアワードWEB人賞受賞。