インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

1048

ゲームプレイヤー

梅沢和木

美術作家

今回お届けする記事は、「カンバセーションズ」初の試みとなる「聞く側」「聞かれる側」の立場を入れ替えた”リバース”インタビュー。前回話題を集めたアーティスト・梅沢和木さんから、カリスマゲーマー・1048さんへのインタビューから一転、今回は「ゲーム」という観点を軸に、1048さんが梅沢さんの創作活動の秘密に迫ります。

1. どんなゲーム体験をしてきたのですか?

梅沢和木 

1日のプレイ時間が30分と決められていて、ゲームができない時間は、ゲームの世界を広告の裏にボールペンで自分で描いて、そこにキャラクターやアイテムなどを描き込んでいました。

Q.今日は、先日僕がインタビューされた時にも軸になった「ビートマニア」「ゲーマー」という観点から、アートとの関連性を探っていけたらと思っています。そこでまず聞いてみたいのは、梅ラボが「ビートマニア」の10段であることをプロフィールに書いていることです。要は、単にゲーム好き、「音ゲー」マニアであるということだけではなく、それがアーティストとしての作家性に何かしら関係しているんじゃないかと。

梅沢:これをプロフィールに掲げていることは結構重要で、それが「ビーマニ」をやっているひとつの目的でもあるくらいなんです。作家がプロフィールに書く内容って、出身大学や主な展示、受賞歴などがほとんどで、みんな似たようなものになるんですよ。そこに、違う称号のようなものがあると単純にカッコ良いと思ったし、自分が中学生くらいから音ゲーをそれなりにがんばっていて、ゲーマーというのがルーツにある。また、ゲームをプレイしている時の映像体験を作品に取り入れているし、日本にはアニメの他にもこんなコアで独自性を持った文化があるんだということを伝えたいという思いもありました。

Q.先日、僕が梅ラボにインタビューされた時にも聞かれたけど、最初にやったゲームは何でしたか?

梅沢:ロックマン2」ですね。もともと兄貴が凄くゲームをやっていて、それを横で観ているというのがスタートで、そこは1048さんと同じです。当時は、1日のプレイ時間が30分と決められていて、その間ずっと「ロックマン2」をやっていましたね。ゲームができない時間は、ロックマンの世界を広告の裏にボールペンで自分で描いて、そこにキャラクターやアイテムなどを描き込んでいました。要は、ゲームをプレイできない時間は、絵を描くことでプレイするみたいな感じだったんですけど、自分が好きなように描けるのが何より楽しかった。キャラクターそのものよりも、ステージを描くことが楽しくて、他にも幅が1mm以下の細かい迷路なんかを描くことも凄く好きでしたね。

Q.「ビートマニア」をやるようになったのは中学生くらいからですか?

梅沢:そうですね。初めてやったのは、友達がうちにプレステの「beatmania 2ndMIX」と専用コントローラーを持ってきた時なんですけど、その友達がソフトと専コンを置き忘れていったので、やり込むことができました(笑)。最初は、判定が結構難しくてあまり面白いと思わなかったんだけど、やっているうちにだんだんできるようになっていきました。その後、ゲームボーイ版の「ビーマニ」を経て、また家庭用に戻り、ゲーセンなんかでもプレイしていたんですけど、美大受験をきっかけに、大学3年くらいまでゲームをやらない時期もありました。

Q.美大に入ってからは、ネット上で集めた画像などをもとに作品を作り始めるようになったと思うんですが、そもそもネットとはどうやって出合ったんですか?

梅沢:親父がパソコンを買ってきたことがきっかけで、パソコンの向こう側に人がいるということが衝撃でした。「もうひとりじゃないんだ」みたいな(笑)。ネットを通してたくさんの人たちが色んなことを考えているということが分かるだけでも楽しかったし、こんなものがあったら一生楽しめてしまうという戸惑いと喜びがありましたね。<続く>

インフォメーション

梅沢さんも参加する六本木ヒルズ・森美術館10周年記念展「LOVE展」が4月26日〜9月1日まで森美術館で開催中。

もっと知りたい人は…

  • 1048 

    1048

    ゲームプレイヤー

    1985年生まれ。埼玉出身。早稲田大学第一文学部美術史学科卒業。原宿のファッションビル管理を3年間勤めた後、起業。 WAKKA Inc.取締役。主なゲームタイトルや実績に、Beatmania IIDX 第1回トップランカー決定戦準優勝、SOUND VOLTEX KONAMI Arcade Championship 2012 関東2位、 Power Smash 3 世界ランク1位、GROOVE COASTER 世界ランク2位などがある。

  • 梅沢和木 

    梅沢和木

    美術作家

    1985年生まれ。美術家。ネット上の画像を集め再構築し、アナログとデジタル、現実と虚構の境目を探る作品を制作し発表している。2013年に『LOVE展:アートにみる愛のかたち―シャガールから草間彌生、初音ミクまで』(森美術館)などの展示に参加。2013年に個展『エクストリームAR画像コア』(DIESEL ART GALLERY)を開催。CASHIおよびカオス*ラウンジに所属。beatmania IIDX tricoroSP段位皆伝(1467-5211)。